カーテンの既製サイズはリーズナブルでスピーディ!オーダーと比較&合わないときの解決方法

Curtain ready-made size

カーテンを買うときに決める生地の横幅と丈。「既製サイズ」は注文画面の中にすでにいくつか候補があり、選ぶだけなので簡単そうですよね。

でも、もしかするとあなたの取り付けたい窓には合わないかも。せっかく選んだデザインがおしゃれに見えなかったり、遮光や断熱などの機能の効果がうまく出なかったり。

同じカーテンでも、サイズが細かく指定できる「オーダーサイズ」のほうから選ぶともっと素敵なものが見つかるかもしれません。

そこで、

カーテンの既製サイズってどうなの?
窓に合わないときはどうすればいい?

と気になるあなたへ、インテリアショップ「Re:HOME(リホーム)」がオーダーサイズと比べながら既製サイズの良い点・悪い点をご紹介。万が一、サイズに失敗してしまったときの解決方法もお届けします。詳しく知って、満足度100%のカーテンをGETしましょう!

カーテンを既製サイズで選ぶ前に知っておこう

short

カーテンのサイズが窓に合わないとストレス増

カーテンを選ぶときは、デザインや機能にこだわりたいですよね。それと同じくらい、カーテンのサイズ決めも大切!

ちょうど良い横幅や丈は、窓の大きさによってさまざま。少し間違えてしまうだけで、窓辺からストレスを感じるおそれがあります。

例えばこちら。

  • 見栄えが悪い
  • 大きなすき間ができる
  • 機能の効果がうまく出ない
  • 汚れやゴミがつきやすくなる

カーテンの横幅や丈が短すぎると、閉めたときが不恰好。生地がピーンと張った状態になり、窓のサイドや床下に大きなすき間ができてしまいます。

すると、外からの視線や太陽のまぶしさなどをカーテンで遮るはずが、すき間からたくさん差し込んでくるのでストレスに。断熱性や保温性も下がり、いくら高性能なカーテンでも効果がうまく発揮されません。

反対に、横幅や丈が長すぎると全体がだらしない雰囲気に。キレイなウェーブがくずれて見え、せっかく選んだお気に入りの柄が楽しめません。ゴミやほこりがたまりやすいところでは、長すぎる裾に絡まりやすく掃除がしにくくなってしまいます。

カーテンの良さも部屋の過ごしやすさも、ちょうど良いサイズならしっかり実感できそうですよね。

一般的な既製サイズは3種類

既製サイズのカーテンは、すでに縫製が終わって完成しているのが特徴。通販の場合、お客さまの注文内容を見て在庫から取り出し、梱包して発送をするのが主な流れです。

  • 幅100×丈135cm
  • 幅100×丈178cm
  • 幅100×丈200cm

上記の3つが一般的なサイズで、掃き出し窓や腰高窓にぴったり合うものを選ぶのが基本。レースカーテンは、室内からはみ出して見えないように丈が2cm短くなります。

よりたくさんの窓に取り付けられるよう、数cm単位で種類を展開しているショップも!

Ready-made size listこちらはリホームのカーテンの既製サイズ一覧表です。横幅は25cm単位で5パターン。丈は10cm単位で、3パターン以上から選べます。

細かく決められる「オーダーサイズ」がある

カーテンには、横幅や丈が自由に決められる「オーダーサイズ」もあります。こちらは、お客さまの注文内容を見てから生地を縫製するタイプ。完成品の在庫が不要な分、デザインや生地の素材の自由度も高くバリエーション豊富に用意されているのが特徴です。

機能性や素材が同じカーテンでも、サイズや色柄には「オーダー限定」があるタイプも!

SOPOこちらは、リホームが楽天市場で販売中の「オーダー遮光カーテン」にあるカラー(※一部です)。オーダーサイズでは、より細かな色加減が選べるようになっています。

既製サイズとオーダーサイズを詳しく比較!

オーダーサイズの特徴と比べながら、既製サイズの良いところも悪いところも知っておきましょう!

どちらも選べるリホームの「オーダー遮光カーテン」

Order blackout curtain今回、違いをチェックするのはリホームのオーダー遮光カーテン全100柄・113色があり、既製サイズもしくは1cm単位のオーダーサイズで購入できます。

  • 100%完全遮光
  • 1級遮光「SOPO」
  • 1級遮光「LUONT」
  • 1級遮光「北欧デザイン」
  • 2級遮光「北欧デザイン」
  • ナチュラル
  • デニムライク
  • コットン「北欧デザイン」

種類はこちら8シリーズに大きく分けられており、デザイン・機能・素材・価格はさまざま。国内メーカーの上質な糸を使用し、最新の超音波カット技術を用いてスタッフが1枚ずつ仕上げます。

おしゃれな北欧スタイルがテーマで、フィンランド人デザイナー「SANNA LEHTI(サンナ・レフティ)」と日本人カラーセラピスト「Minowa Eriko」と一緒に作り上げたオリジナル北欧デザインがあります。

高機能の断熱レースカーテンもセットで選べますが、今回はドレープカーテンのみで比較。シンプルで洗練された色合いが魅力の「SOPO」シリーズから、「シルバーホワイト」を選んだ場合の結果を見ていきます。

オーダー遮光カーテンを見る

比較結果

詳しい数値などの前に、結果を表で簡単にチェック!

あなたはどれを優先したいかを考えてみてくださいね。

既製 オーダー
サイズの種類 少ない 多い
価格 安い 高い
納期 短い 長い

では、1つずつ詳しくみていきましょう!

サイズの種類

既製サイズの場合、横幅は以下の5パターン。

  • 100cm
  • 125cm
  • 150cm
  • 175cm
  • 200cm

丈は、それぞれに3〜6パターン展開されており210cmまで選べます。

一方、オーダーサイズは以下の範囲内であれば1cm単位で選択可能。とても多いですね!

  • 横幅:80〜400cm
  • 丈:30〜260cm

既製サイズのカーテンがほしくても、測った数値が横幅200cm・丈210cmを超える場合はオーダーサイズに。新しい建物や、掃き出し窓・腰高窓以外の場所に取り付ける際はオーダーとなるケースが多めです。

▼サイズの測り方はこちらを参考にしてください。

関連記事:失敗しない!【カーテン】窓タイプ別の正しい測り方とサイズの選び方

価格

横幅100cm×丈100cmのサイズで欲しい場合、それぞれの価格は以下のとおりです。

既製 単品:3,333円(税込)
オーダー 単品:4,510円(税込)

オーダーサイズと比べて、既製サイズは「1,177円」も安い結果に!約25%お得にGETできます。

納期

注文後、発送されるまでの日数(目安)はこちら。

◆ジャパンスタイル

既製サイズ(在庫あり) 3~5営業日以内
既製サイズ(在庫なし) 6~8営業日以内
オーダーサイズ  6~8営業日以内

◆フィンランドスタイル

既製サイズ 10営業日以内
オーダーサイズ 10営業日以内

※在庫・混雑状況・天災(台風・豪雪等)などによって遅れる場合があります。

既製サイズのカーテンは、在庫があれば3営業日も早く出荷!土日祝日が休業日なので、タイミングによっては1週間ほど早い到着が期待できます。

既製サイズがおすすめな人

以上の比較結果から、既製サイズのカーテンがおすすめな人を考えました。

なるべく安いカーテンが良い人

Cheap curtains
  • 引っ越しにかかる費用を抑えたい
  • ソファやラグなどほかのインテリアを充実させたい
  • 将来、ほかの部屋や一人暮らしをする部屋に使いたい

既製サイズは、カーテンになるべくお金をかけたくない人にぴったり。節約できる分、引っ越しのプランをラクで贅沢なものにしたり、狙っていた高価なインテリアがGETできたりします。

カーテンのサイズは、窓の大きさに合わせるのが基本。オーダーサイズで選んだカーテンは、もしかするとほかの窓には合わないかもしれません。

でも、既製サイズのカーテンなら一般的な掃き出し窓や腰高窓が基準なので、サイズがぴったり合えば使い回しもOK!単身赴任や進学で一人暮らしを始める部屋の窓にも、使える可能性があります。カーテンの購入費が節約できますね!

早くカーテンを取り付けたい人

Easy to sleep
  • 引っ越しをする日が近い
  • 今のうちに模様替えをしてしまいたい
  • カーテンの寿命がきたから早く交換したい

既製サイズは、早くカーテンを取り付けて安心したい人にぴったり。例えば、引っ越しをする日や、模様替えに適した気温・湿度の時期に間に合いやすくなります。

また、朝日のまぶしさで寝不足気味な人が遮光カーテンを選べばすぐにぐっすりと眠れるように。断熱性遮熱性に優れたカーテンなら、電気代を節約する期間が長くなります。

カーテンは、長く使える消耗品。寿命がくると、見栄えが悪い・機能がうまく発揮されないなどおそれがあるので早めに何かしらの対策が必要です。

既製サイズなら、清潔でキレイなカーテンがスピーディに到着!窓辺の不快感を感じる日が短くなり、すぐに気持ち良く過ごせるようになります。

関連記事:カーテンの寿命のサイン8つと解決方法!長持ちさせる選び方&使い方

既製サイズのカーテンが合わないときの解決方法

Solution欲しいカーテンが見つかったら、実際に窓の大きさを測ってサイズを把握!

万が一、あなたの窓に合わないことがわかったらどうすれば良いのかを見ていきましょう。

購入前

注文をする前なら、以下の2パターン。

  • ほかのカーテンを探す
  • オーダーサイズから選ぶ

イチから選び直すのは手間かもしれませんが、サイズを失敗してトラブルが起きるよりはまだ良いでしょう。

リホームのカーテンなら、既製サイズにもオーダーサイズにも対応しているのでとても便利!一部、選べないカラーはありますが、デザインをイチから選び直したり目的の機能を諦めたりする心配はありません。

購入後

手元にカーテンがあるなら、以下の4パターン。

  • フックで微調整
  • 自分でリメイク
  • 補修業者に依頼
  • オーダーサイズで再注文

丈が少しだけ気になるときは、カーテンフックにご注目。形状が「Aフック」「Bフック」なら、一般的に約4cmの範囲内で調整できます。※リホームのフィンランドスタイルカーテンは調整できません。

DIYが得意なら、自分だけで解決できるかも。例えば、短いときは裾の折り込みを伸ばしてアイロンがけ。同じデザインや違う色合いの生地を用意して、付け足してもGOODです。

キレイに仕上げる自信がなければ、カーテンの補修業者にお任せすればOK。お金と時間がかかり、預けている間の予備のカーテンも必要ですが安心できます。

あまりにサイズが違うなら、買い替えるのも1つの方法。次はオーダーサイズで、あなたの取り付けたい窓にぴったりなカーテンを選びましょう!

サイズ以外にも目を向けてみよう

既製サイズのカーテンは、オーダーサイズよりもリーズナブルでスピーディ。でも、欲しい色合いが見つからなかったり、窓の大きさに合わないことで機能が発揮されなかったりするかもしれません。

納得した満足度100%のカーテンをGETするなら、選ぶときはサイズ以外のことにも目を向けてみるのが良さそうですよね!

リホームのオーダー遮光カーテンは、既製サイズでもオーダーサイズでも高品質で激安です。既製サイズで在庫があれば、早めにお届けできますよ!

関連記事:カーテンをオーダーメイドで!選ぶことから楽しむ高品質・安い・おしゃれなオリジナル北欧カーテンはリホームへ

 

rehome
この記事を書いた人: rehome
ReHOMEサイト店長の天谷です。当店はカーテンやウッドブラインドなどの窓回り専門店からスタートしま 詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Window blindfold

窓の目隠しに「ブラインド」が最適な理由!ガラスフィルムやカーテンが苦手な人に知っ...

Lace curtain shading

レースカーテンで「遮光」したい!トラブル別のおすすめ機能と選び方のコツ

fashionable-living

ウッドブラインドで作るおしゃれなリビング暮らし。インテリア実例から部屋スタイルを...

smallroom-rollscreen

狭い部屋を広く見せるコツは「窓まわり」から!ロールスクリーン&カーテンの見え方比...

西日対策ならこれ!

UV cut lace curtain

UVカットのレースカーテンがあれば安心!上手な選び方&家の中でできる紫外線対策方...

  • カーテン・ブラインド・ロールスクリーンの選び方

Warning: file_get_contents(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:SSL3_GET_SERVER_CERTIFICATE:certificate verify failed in /home/rehome-japan/public_html/rehome-japan.com/wp/wp-content/themes/atlas-child-rehome/footer.php on line 47

Warning: file_get_contents(): Failed to enable crypto in /home/rehome-japan/public_html/rehome-japan.com/wp/wp-content/themes/atlas-child-rehome/footer.php on line 47

Warning: file_get_contents(https://www.rehome-japan.com/block/search_product): failed to open stream: operation failed in /home/rehome-japan/public_html/rehome-japan.com/wp/wp-content/themes/atlas-child-rehome/footer.php on line 47

Warning: file_get_contents(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:SSL3_GET_SERVER_CERTIFICATE:certificate verify failed in /home/rehome-japan/public_html/rehome-japan.com/wp/wp-content/themes/atlas-child-rehome/footer.php on line 49

Warning: file_get_contents(): Failed to enable crypto in /home/rehome-japan/public_html/rehome-japan.com/wp/wp-content/themes/atlas-child-rehome/footer.php on line 49

Warning: file_get_contents(https://www.rehome-japan.com/block/category): failed to open stream: operation failed in /home/rehome-japan/public_html/rehome-japan.com/wp/wp-content/themes/atlas-child-rehome/footer.php on line 49
  • 大口注文・法人さま