カーテンのセットはここに注意!おしゃれな北欧カーテンのおすすめコーディネート4選

curtain-set

窓辺を彩るドレープ・レース・フック・タッセル。カーテン一式が1度にそろうと、とてもラクそうですよね。引越し先ですぐに使いたいときや、組み合わせに自信がないときも便利で安心!でも、セットならではの注意点があるんです。

そこで、

どんなセットがある?

とお探し中のあなたへ、買うときの注意点とドレープカーテン×レースカーテンのおすすめコーディネートをご紹介。

Re:HOME(リホーム)オリジナルの北欧デザインカーテンなら、おしゃれな北欧スタイルが一気に完成!色柄や機能が豊富なので、ドレープ・レース・タッセルが楽しみながら選べます!

カーテンセットは便利で安心!

Curtain setカーテンのセットは買うときの手間が減り、届いたらすぐに窓辺が完成!引越し後の荷解きなど、日中はドレープカーテンを開けて明るくしたいときでも外からの視線が気にならず、疲れた夜はカーテンを閉めるだけで目隠しができます。

また、注文をするときは2度手間が防げて楽ちん♪ドレープとセットになっていれば、レースやタッセルを別で探す必要はなし。名前やクレジットカードの番号などをそれぞれに入力しなくても良いので、時短にもなります。

ショップがセットで提供しているものなので、

  • 吊るしたときの形状(ヒダの数・スタイル など)
  • デザインの風合い・色合い
  • カーテンの品質

などがチグハグになる心配もほとんどありません。

そして、ショップによっては単品で買うよりお買い得に。実際、インテリア通販「Re:HOME(リホーム」でもオーダーカーテンのセット価格は単品より少し安くお届けしています。

【カーテンセットのメリット】

  1. 届いたらすぐに使えて安心して過ごせる
  2. 注文が1回で済むからとてもラク
  3. 見た目・品質が統一しやすい
  4. 単品よりもお買い得

セットで買うときの注意点

カーテンをセットで買うときは、特に以下の2つに注意!色柄や機能などの種類豊富な中から、上手に選んで失敗を防ぎましょう。

何にこだわりたいかをそれぞれ考えて選ぶ

Commitmentカーテンは、「何を1番優先したいか」「何にこだわりたいか」を考えながら選ぶのがおすすめ。ライフスタイルに合わせたり、自分の好みやインテリアに合わせたりすると快適で素敵な窓辺が完成します。

でも、セットの場合は種類が限定されていて欲しい機能やデザインがないかもしれません。ドレープカーテンとレースカーテンに求めるものは別々にしっかりとイメージ!本当に欲しいものをチョイスしましょう。

「このドレープがいいけど、レースは欲しいデザインがないな」

など、気になったカーテンに希望するものがなかったら単品のページも要チェック!同じショップからなら、単品で購入しても品質がばらつく心配はほとんどゼロ。同じタイミングで買えば、同梱されて届くのですぐに使えます。

どちらかを特別サイズにするなら単品購入

カーテンをセットで注文するときは、サイズの計測も1回なのでとてもラク。でも、それぞれのサイズは分けて指定できないので要注意です。

Special size例えば上の画像のように、

「保温性を高めるために、ドレープカーテンだけを長くしたい」

などの希望は叶いにくいかも。注文時の概要欄に記入すれば応じてくれるショップもありますが、基本は「レースカーテンはドレープカーテンより2cm短く」なります。

この場合、数センチの違いならアジャスターフックで微調整できます。でも、それ以上の差があるなら単品での購入がおすすめ。ドレープカーテンもレースカーテンも、本当に欲しいサイズで快適なお部屋に仕上げてくださいね。

▶︎関連記事:失敗しない!【カーテン】窓タイプ別の正しい測り方とサイズの選び方

リホーム「オーダーカーテン」のセットは種類が豊富!

Re:HOMEインテリア通販の「Re:HOME(リホーム)」は2012年創業。おしゃれだけど機能的でもある北欧スタイルに注目し、オリジナルでさらに品質を高めてさまざまなアイテムをご提供しています。

カーテンは「オーダーカーテン」「断熱レースカーテン」が自慢のオリジナル商品!セットになっているので、1cm単位でまとめて購入OK。どちらも色柄や機能の種類が多く、厳選された中に選ぶ楽しみがあります。

ここでは、共通している部分の魅力をご紹介しますね。

フィンランドスタイル

Finlandstyleリホームのカーテンは、フィンランドスタイルが標準仕様。一般的なジャパンスタイルと比べて、束ねたときに重ならずカーテンを開いても見た目がすっきりしています。

下にすとんと落ちる自然なウェーブは、生地本来の美しさが引き出されておしゃれ!仕上がり幅が選べるので、さらに理想のスタイルへと近づけます。

Sewing

また、縫製は一般的なカーテンのように生地を折り返していないので見た目がとてもシンプル!最新の超音波技術でカットしているので、折り返さなくてもほつれにくく洗濯をしてもきれいなまま長持ちします。

【ポイント】

  1. シンプルかつスタイリッシュなデザイン
  2. 半永久的にほつれない最新技術で高品質
  3. 国内自社生産
  4. ヒダ山の数が選べる
  5. ジャパンスタイルも選べる

オリジナルの北欧デザイン

Scandinavian styleカーテンの色柄は、無地とリホームだけのオリジナル北欧デザイン!

ドレープカーテンの無地シリーズでは、日本人の肌や瞳の色をベースにインテリアに合うオリジナルカラーを日本人カラーセラピスト「Minowa Eriko」と厳選。フィンランド人デザイナー「SANNA LEHTI」がデザインするシリーズでは、フィンランドの自然を感じさせるグラフィックなパターンをご用意しています。

レースカーテンにも、SANNA LEHTIがデザインするフィンランドデザインシリーズがあり、ドレープと同じ北欧柄を選べばまとまり感が出てぐっとおしゃれに!

Tasselフィンランドスタイルカーテンは、ころっとしたかわいいタッセルが標準で付属しますが、「レザーベルト」や「トナカイ(マグネットタイプ)」など、北欧をベースとしたオリジナルのタイプも選べます(※全20種類)。

【ポイント】

  1. 北欧のデザイナー・日本のカラーセラピストとの共同制作
  2. ドレープカーテンとレースカーテンに同じ柄がある
  3. 北欧デザインのタッセルが選べる(※オプション)

おすすめのカーテンコーディネート例


どんなふうに組み合わせるといい?

リホームのモットーは「お客様に”もっと楽しく”を届ける」こと!高品質&リーズナブルのオーダーカーテン・断熱レースカーテンから、欲しい機能や好きな色柄が自由に組み合わせられます。

おすすめのコーディネートは大きく分けて4パターン。それぞれ、どんなイメージになるのかをご紹介しますね。

①無地ドレープ+シンプルレース

Plain
ドレープカーテン SOPO(オーカーブラウン)
レースカーテン エコウェーブ

無地のドレープと無地に近いレースは、もっとも無難な組み合わせ。窓辺がすっきり見え、ドレープやレースの色味以上に素材感が楽しめます。

柄がない分、窓近くの壁・床・インテリアのデザインが映えるのも魅力。リホームのオリジナル商品「はがせる壁紙」で、木目調のあたたかな空間を作ってみるのもおすすめです。

②北欧デザインドレープ+シンプルレース

Design_plain
ドレープカーテン Leikki_3(ブルー×ベージュ)
レースカーテン 北欧ストライプ

北欧デザインのドレープと無地に近いレースは、ドレープをインテリアの主役にしたおしゃれな部屋に。北欧デザイン独特の自然をモチーフにした幾何学模様や、ピンクや赤といった鮮やかな大柄は華やかであたたかみが感じられます。

レースは白っぽい色が一般的ですが、ドレープのデザインに使われている色と合わせるとよりまとまり感がアップ!断熱レースカーテンの「コットンミックスタイプ」は北欧デザインと相性が良く、天然素材を取り入れたナチュラルな印象になります。

③無地ドレープ+北欧デザインレース

Plain_design
ドレープカーテン 完全遮光(シャンパン)
レースカーテン Skyksy(グリーン)

無地のドレープと北欧デザインのレースは、日中レースカーテンだけで過ごすことが多い人にぴったり。上記のように、ドレープの素材感とレースのナチュラルな北欧デザインを合わせると落ち着いた雰囲気になります。

もっとレースにこだわりたい人は、ドレープとレースを反対につける「フロントレーススタイル」もおすすめ。背面のドレープとのコントラストで柄が浮き上がったように見え、窓辺がレース独特の柔らかな印象に。オーダーカーテンの「THERMOシリーズ」は採光に優れており、日中も朝晩も背景の美しい北欧デザインが楽しめます。

④北欧デザインドレープ+北欧デザインレース

Design
ドレープカーテン Keto_2(ベージュ)
レースカーテン Keto(ベージュ)

どちらも北欧デザインのカーテンは優しい印象が強く、お部屋のテーマとして「北欧スタイル」を目指している人にぴったり。シンプルな柄が多い北欧デザインなら、窓辺が派手になりすぎずリビングや寝室などのくつろぎたい部屋にも使えます。

ドレープとレースの柄は色や方向をそろえるとGOOD!同じ柄を見つけるのは難しいかもしれませんが、リホームのフィンランドデザイナー「SANNA LEHTI」と作り上げたカーテンなら万事解決。インテリアには、SANNA LEHTIがデザインした「ビーズクッション」がおすすめです。

カーテン一覧を見る

カーテンを上手に組み合わせよう

カーテンをセットで買う魅力は、以下のとおりたくさん!

  • 届いたらすぐに使えて安心して過ごせる
  • 注文が1回で済むからとてもラク
  • 見た目・品質が統一しやすい
  • 単品よりもお買い得

注意点は、ドレープカーテンもレースカーテンもそれぞれに欲しい機能や色柄を選ぶこと。サイズも、まずはそれぞれどんなサイズが良いかを考えるのがおすすめです。

組み合わせが難しいと感じたら、今回ご紹介したコーディネート例を参考にしてくださいね。また、リホームではこれまでにたくさんのお客様から嬉しいお声をいただいています。「コーディネート・実例」から、実際の取り付けた様子もチェックしていただけると幸いです。

rehome
この記事を書いた人: rehome
ReHOMEサイト店長の天谷です。当店はカーテンやウッドブラインドなどの窓回り専門店からスタートしま 詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【カワイイだけじゃダメ】北欧インテリアに合うカーテンを選ぶポイント

Blackout curtain 1st grade

遮光カーテンの「1級」はおうち時間が充実!メリット8つとデメリット4つ

Security measures

防犯対策はカーテンからスタート!最新の侵入窃盗データから考える4つの具体策

カーテン天井付けとは?正面付けとの違いやメリット・デメリットをご紹介

Curtain floral pattern

カーテンの花柄は幸せたっぷり!部屋との合わせ方とおすすめ12選

【安い】遮光カーテンの選び方やかわいい商品を紹介します【北欧】

  • カーテン・ブラインド・ロールスクリーンの選び方

商品を探す

  • 大口注文・法人さま