小窓のおしゃれは『ウッドブラインド 』で決まり♪ぴったりサイズのオーダー商品がおすすめです。

Small window blind  

キッチン・トイレなどにある小さな窓「小窓」。リビングやダイニングでも、部屋のコーディネートの1つとして楽しめます。

部屋がより明るくなり風のとおり道も増え、家の外観にもアクセントがついて良いことづくし!でも、外からの視線や光漏れが気になる小窓には、何か目隠しをしたい人が多いのではないでしょうか。

空間をスッキリとまとめるなら「ブラインド」がベスト!特に、3枚など複数並んでいる小窓には、凹凸の多いカーテンが並ぶよりもおしゃれに見えます。

では、

どんな風にアレンジしよう?

おしゃれなブラインドはどれ?

と気になるあなたへ、ウッドブラインドを使ったコーディネート実例をご紹介。あなたの小窓にぴったりなブラインドを見つけてくださいね。

小窓の気になるところ

まずは、小窓の気になる点を再確認していきましょう。

部屋が明るくなりすぎる

小窓は、掃き出し窓などの大きな窓と同じ空間に設けると、部屋が明るくなりすぎます。「まぶしい」「暑い」と感じるので、居ごこちが悪くなってしまうかも。紫外線もたくさん差し込むので、家具やフローリングが日焼けで色あせてしまいます。

特に、大きな窓とちがう方角にある小窓は要注意。部屋の照明代は節約できますが、暑くて涼しくなりにくいのでエアコン代が高くなるおそれがあります。

窓まわり商品のサイズ探しが大変

小窓のサイズはバラエティー豊か。そのため、窓まわり商品もサイズ探しに困ります。お気に入りのデザインを見つけたとしても、既製サイズが合わずに諦めるなんてことも。

DIYで幅・高さを調整する楽しみもありますが、時間・手間がかかるのでできれば避けたいですよね。

手が届きにくい

Hard to reach

出典元:ルームクリップ株式会社(2019年7月時点)

キッチンのシンク前・玄関のシューズボックスの上・リビングの天井近く。飾り窓としての役割をもつ小窓は、手が届きにくい位置に設けると窓や窓まわり商品が開閉しづらくなってしまいます。

雑貨や観葉植物を置いてインテリアを楽しむのはOK!でも、ゆらゆらと揺れるカーテンを取り付けると落ちてしまいそうでなんだか心配ですよね。

オーダーウッドブラインドでぴったり&おしゃれに!

実は、小窓×ブラインドって相性が良いんです!

  • 明るさの微調整
  • 窓を開けて換気
  • 外からの目隠し
  • 操作

これらすべてが簡単になります。

カーテンとの違い

直接触って開閉するカーテンは、めったに開けない小窓向け。一方、コード(ひも)で操作するブラインドは、外からの視線や光漏れが気になる夜だけ閉めたり、雑貨・観葉植物があっても開閉できたり!上下に動かさなくても、スラット(羽)の向きを変えるだけでOKなのが魅力です。

また、リビングの複数並んだ小窓には窓枠内にぴったりおさまるブラインドのほうがスタイリッシュ。それぞれをカーテンばかりにすると、圧迫感が強くなり空間が狭く感じてしまいます。

関連:カーテンとブラインド、どっちが良いの?購入前に見ておきたいメリット・デメリット紹介 

「オーダーサイズ」でぴったり&機能的に

注文時にサイズを指定すれば、あなたの小窓だけにぴったりなブラインドが手に入ります。

サイズが合わないと、小窓の見栄えが悪くなったり部屋の雰囲気を台なしにしてしまったり。幅や丈が中途半端になり、設置さえできないかもしれません。

サイズが指定できるオーダー注文なら、事前にきちんと測れば失敗なし!「調光」「採光」「遮光」「視線のシャットアウト」などの役割もしっかりと機能します。

「ウッドブラインド」でおしゃれ&高級感

Fashionable

出典元:ルームクリップ株式会社(2019年7月時点)

部屋の小窓をおしゃれに飾るなら、木製のブラインドがおすすめです!

学校やオフィスで見かけるブラインドは「アルミブラインド」がほとんど。シンプルだけどなんだか平凡。折れやすく、スラット同士がくっついてすき間が大きく空いているイメージがあると思います。

一方、木製の「ウッドブラインド」は木のぬくもりと重量感でリラックスできる空間づくりが可能。フローリングや家具との相性も良く、高級感も期待できる優秀アイテムです。

関連:窓まわり商品の選び方。特長を活かしてベストなものを取り付けよう!

「小窓×ウッドブラインド」コーディネート実例

小窓にウッドブラインドを取り付けるとどうなるの?について、実例写真をみていきましょう。

Small window

出典元:ルームクリップ株式会社(2019年7月時点)

ブルーの壁やソファ、クッションの柄まで北欧テイストな部屋。あたたかみと落ち着き感を重視した北欧のイメージは、木のぬくもりを感じるウッドブラインドともよく似合います。窓枠の外側から吊るす「正面付け」タイプ。

Small window

出典元:ルームクリップ株式会社(2019年7月時点)

オリーブ色のウッドブラインド。スラットを支えるコード部分をテープ仕様に変えることで高級感が増し、光漏れもかなり防げています。ポップな照明もセンス抜群!

Small window

出典元:ルームクリップ株式会社(2019年7月時点)

4連の小窓に色の濃いウッドブラインド。ナチュラルテイストな無垢の床や漆喰壁に、しっくりはまっている印象です。窓枠内にすっぽりおさまる「天井付け」でスッキリとしていますね。

関連:ウッドブラインドをキッチンの小窓につけました

高品質&激安!Re:HOMEのオーダーウッドブラインド

インテリアショップ「Re:HOME(リホーム)」の「オーダーウッドブラインド」は、豊富で自由なカスタマイズとたしかな品質が自慢!カラー・スラット幅・バランスタイプなど、いろんなアレンジが楽しいウッドブラインドです。

価格は、激安の1台2,037円〜(税別)&送料無料。手頃な価格でも高級感があり、丈夫なので長く愛用できます。

丈夫でツヤあり「天然木」を使用

使用している木材は、自然の調湿作用や木の香りがする天然木。ウッドブラインドの材料として世界中で使われているバスウッド(シナノキ科)の広葉樹で、適度な光沢と反り・曲がりが起きにくいのが特長です。また、表面は高級家具と同様のUVコート仕上げ!しっとりとしたツヤがあり、耐久性に優れています。

1cm単位でサイズ指定OK

リホームのオーダー注文は、窓枠のサイズ(幅・高さ)が1cm単位で指定可能!当ショップにてあなたの小窓にぴったりおさまるサイズで制作し、お届けします。

もちろん、既製サイズもご用意していますので、窓枠のサイズ(幅・高さ)が合えばこちらを選ぶとより安くなりますよ。

カラーバリエーションが豊富!

color

本体のカラーは豊富な全12種類。壁の色と合わせるならバニラやホワイトですが、小窓にアクセントをつけて存在感を出すなら濃いめの色がおすすめです。

Rich_colors

また、ラダーコードをテープ仕様へ変更することも可能!全26種類の色柄で好きなものを組み合わせながら、個性的な空間づくりが楽しめます。

▼小窓がグレードアップできるオーダーウッドブラインドの魅力はこちら

関連:Re:HOME(リホーム)の『オーダーウッドブラインド 』で理想の部屋作りを楽しもう♪

ブラインドのサイズの測り方

あなたの小窓にぴったりなブラインドをGETするには、注文前のサイズ入力が重要なカギ!ここでは、オーダー注文時の採寸方法について詳しくお話ししていきますね。

ただ、サイズの測り方はちょっと難しく感じるかもしれません。でも、ご安心を!リホームのオーダーフォームはイラスト付きでわかりやすくなっています。

測り方は取り付けタイプによって変わる

ブラインドを取り付ける位置は、「天井付け」「正面付け」の2パターンあります。それぞれの特長をチェックして、あなたが気になるものを選びましょう。

天井付け(窓枠内)

天井付けを選ぶと、窓枠内にブラインドがすっぽりおさまります。窓枠からの光漏れが少し気になるかもしれませんが、エアコンや家具などと重なる心配がないので、どの小窓にも取り付けられます。

Ceiling

サイズの測り方はこちら。窓枠の内側を測って、そのままの数字を入力してください。

正面付け(窓枠の外)

正面付けを選ぶと、壁面に凸凹ができるため小窓の存在感が大きくなります。窓を覆うように取り付けるので、光漏れが気にならないのが魅力!真っ暗にしたい寝室の小窓に向いています。ただし、エアコンや家具の近くには取り付けにくく開閉もしづらくなるので気をつけてくださいね。

Front attachment  

サイズの測り方はこちら。幅は窓枠の外側を測って、そのままの数字を入力。高さは最大で床まで伸ばせますが、窓枠下から少し長めにするのがおすすめです。

カーテンレールがある場合

カーテンレールがある場合は、レールを外しましょう。リホームのオーダーウッドブラインドはカーテンレールへの取り付けが不可となっています。

「カーテンからブラインドに変えたい!」

この模様替え、素敵ですね!ただ、ウッドブラインドはカーテンよりも重量があり、レールに取り付けると曲がってしまう危険があります。急な落下やケガなども心配ですよね。

小窓はおしゃれなウッドブラインドで決まり♪

ブラインドは、手の届きにくいところにある窓に向いていて、スラットの向きだけで光や風の量を微調整できることがわかりましたね。そのため、空間を彩る小窓にもぴったり!サイズがちょうど良いウッドブラインドなら、おしゃれな見た目と便利な使い勝手が同時に手に入ります。

リホームのオーダーウッドブラインドは、「自分で施工を楽しみたい」「部屋をグレードアップさせたい」というお客さまにぴったりな商品です。気軽に購入できる価格で、あなたをお待ちしております^^

rehome
この記事を書いた人: rehome
ReHOMEサイト店長の天谷です。当店はカーテンやウッドブラインドなどの窓回り専門店からスタートしま 詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Room fashion

部屋をおしゃれにするなら『ウッドブラインド』がおすすめ!Re:HOMEで楽しく選...

ウッドブラインドのトップメーカー2社を徹底比較

howto_choose

窓まわり商品の選び方。特長を活かしてベストなものを取り付けよう!

check-piller

ブラインドの取り付けもこれで安心!窓枠にビスを打つ方法〜下地探し編〜

Blind order

【ウッドブラインド 】オーダーサイズ・既製サイズの違いは?上手に買うコツを紹介し...

Wood blind comparison  

ウッドブラインドを徹底比較〜価格編〜

  • カーテン・ブラインド・ロールスクリーンの選び方

商品を探す

  • 大口注文・法人さま