間仕切りカーテンでおしゃれな快適空間を!シーン×アイテム別おすすめの使い方

間仕切りカーテンは、棚やパネルを置いたり壁を作ったりするよりも空間を優しくおしゃれにしてくれるアイテム。固定されていない分、仕切るスペースが自由に変えられるので用途にぴったりなものを使えばとても重宝します。

リーズナブルで取り付け簡単なものも多く、専門業者の工事いらずでDIYが楽しめるのもポイント!あなたも、自分でオリジナルのおしゃれな空間作りをやってみませんか?

ここでは、

空間がおしゃれに仕切れるカーテンはどれ?

とお探し中のあなたへ、間仕切りカーテンの種類や、シーン×アイテム別におしゃれな使い方をご紹介。選ぶことから”もっと楽しむ”をお届けする「Re:HOME(リホーム)」が、あなたのおしゃれな空間作りを全力でサポートします!

目次

間仕切りカーテンでおしゃれな空間を作ろう!

Partition curtain

間仕切りカーテンは機能的で低コスト

間仕切りカーテンは、より快適な住まいが作れる素敵アイテム。

  • 目隠し
  • 空間の分割
  • 音漏れ軽減
  • 冷暖房の効率アップ

など、あなたにとって嬉しい役割が満載!仕切ることで、室内の温度が調節しやすくなったり見せたくない収納や自分の姿が隠せたり。いつでも好きなタイミングで開けたり閉めたりできるので、空間の使い方に幅が出ます。

リフォームなどの施工業者に依頼すれば、簡単におしゃれな間仕切りが手に入れられるかもしれません。でも、打ち合わせ・施工は時間に縛られたり費用がかかったりして大変!

一方、間仕切りカーテンは自分で材料をそろえる必要はありますが、季節や気分で気軽に模様替えできるのが魅力的。日々変化するライフスタイルに合わせた最適な暮らしができるようになります。

おしゃれな空間作りに大活躍

間仕切りカーテンは、ただ単に空間を仕切るだけじゃありません。棚やパネルを置くとハードな圧迫感がありますが、間仕切りカーテンは布感のあるやさしい雰囲気が演出できます。

色柄や素材が豊富なので、こだわって選べばその面が素敵なアクセントに。

  • 好きな色柄
  • 色の心理的効果
  • 風水で相性の良い色

このように、デザインだけでもいろんな選び方があります。

また、上手に選べば好きなインテリアスタイルのクオリティがアップ!

  • 北欧スタイル
  • 和風スタイル
  • 西海岸スタイル
  • モダンスタイル
  • カフェ風スタイル
  • ナチュラルスタイル
  • ヴィンテージスタイル

など、それぞれの特徴にぴったりなものがあり、壁面に1つアイテムが追加できるのでおしゃれ度もぐんと高まります。

間仕切りカーテンの種類

「間仕切りカーテン」は、種類によって開閉の向きや出せる雰囲気などに違いがあります。それぞれの特徴を見て、どれがあなたに合っているかを考えてみましょう!

間仕切りアイテム

アイテムは主に以下の4種類です。

  1. カーテン・レースカーテン
  2. ロールスクリーン(ロールカーテン)
  3. ローマンシェード
  4. プリーツスクリーン

①カーテン・レースカーテン

curtainカーテンやレースカーテンは、ゆらゆらと揺れるウェーブ感が魅力。空間をスパッと仕切るのは難しいですが、よりやわらかな雰囲気になりふんわりとした優しさが感じられます。

開閉は横方向にシャッと動かすだけなので簡単。横に少し場所を取りますが、おしゃれなタッセルで束ねれば間仕切りとして使わないときでもおしゃれな空間が作れます。

取り付けも、上から吊るすだけなので簡単!ほかよりも軽量で取り扱いやすく、形状にもよりますが、カーテンレールがない場所でもつっぱり棒があれば気軽に取り付けられます。

②ロールスクリーン(ロールカーテン)

Roll screenロールスクリーン(ロールカーテン)は、一面がフラットで見た目がすっきり!間仕切りとして使わないときは上に巻き上げるので、カーテンのように布がかさばらずその空間が広々と使えます。

操作方法はプルコード式・チェーン式・ワンタッチ式の3つがあり、開閉は指先だけでOK!取り付けは難しく思われがちですが、穴が不要のつっぱりタイプでもドライバー1本で簡単に取り付けられるものがあります。

③ローマンシェード

Roman shadeローマンシェードは、布のやわらかな雰囲気がありつつも一面フラットで見た目すっきり!開けるときは縦方向にたたみ上げるので、間仕切りとして使わないときは空間が広々と使えます。

完全に開けると空間の上部を少し塞いでしまいますが、途中まで開けると布の重なりが自然でやわらかい&おしゃれな空間に。

操作方法はプルコード式やチェーン式があり、開閉は指先だけでOK。メカ製品なので故障や劣化の心配はありますが、カーテンレールにも専用の金具があれば取り付けられます。

④プリーツスクリーン

Pleated screenプリーツスクリーンは、和紙のようなやわらかい質感の生地で和空間にぴったり!厚手生地だけのシングルタイプと厚手+レースのツインタイプがあり、後者は用途に合わせて空間の見え方が変えられます。

開閉は縦方向で、ブラインドのようにたたみ上げるタイプ。上部にすっきりまとまるので、間仕切りとして使わないときは空間が広々と使えます。

生地がハニカム構造のタイプなら、空気の層で熱を逃げにくくするため冷暖房効果がアップ!操作方法はコード式が一般的。取り付けは丈夫な木枠があれば可能で、カーテンレールにもOKです。

取り付け方

取り付け方は主に以下の2種類です。

  1. カーテンレールタイプ
  2. つっぱり棒タイプ

①カーテンレールタイプ

Curtain railカーテンレールを用いる方法は、土台からしっかりとビス止めするので強度が高くなるのが特徴。特に、大きめで重ための間仕切りカーテンを使いたいときに安心です。ただ、もともとカーテンレールがない場所には、自分で設置が必要。壁や天井に穴を開けるので、傷をつけたくない場合や賃貸住宅には向いていません。

リホームでは、カーテン・ロールスクリーン・ローマンシェード・プリーツスクリーンどれもカーテンレールに対応!カーテン以外は専用の金具を使い、ドライバー1本で簡単に取り付けられます。

②つっぱり棒タイプ

Tension type間仕切りカーテンとして、とても重宝するのがつっぱり棒を用いる方法。壁や天井を傷つけず、設置は工具不要。狭い空間にも取り付けやすく、女性でも気軽におしゃれな空間が作れます。

つっぱり棒といえば、100円均一にもあるような簡易的なものをイメージするかもしれませんね。のれんのような軽い生地と組み合わせれば簡単でリーズナブルに間仕切りができますが、強度は弱め。おしゃれで、安全に日々過ごすならしっかりとした間仕切りカーテンがベストです。

Curtain railリホームでは、カーテンロールスクリーンローマンシェード用のつっぱり棒をご用意!

カーテン用の取付方法を簡単にご紹介すると・・・

  1. カーテンレールのランナーを上に向け、取付場所に合わせる
  2. 壁に密着するまで伸ばし、ランナーを下に向けてロックする
  3. ロックレバーを右側に倒してレールを固定する
  4. カーテンをランナーに吊るす
  5. 完成

という流れになります。

シーン×アイテムで決める!おしゃれな空間の作り方

間仕切りカーテン選びは、仕切りたいシーン使いたいアイテムで決めるのがコツ!

  • 色柄
  • 素材
  • 機能

に注目して、見た目も快適さもあなたにぴったりなものをGETしましょう。

Re:HOME

インテリア通販の「Re:HOME(リホーム)」では、間仕切りのさまざまなシーンを考え、高品質でリーズナブルなアイテムを種類豊富にご用意しています。

そのほとんどが、北欧のデザイナーや世界的に有名なメーカーと作り上げたオリジナル!

  • 生活空間でリラックスできるもの
  • 機能的で長く愛用できるもの
  • 使うほどに味が出るもの

というおしゃれな北欧スタイルの基本の考え方を重視しており、1cm単位で注文できるオーダーサイズが基本。厳選された中にも、カラー展開やオプションの数で選ぶ楽しみがあります。

それでは、リホームの商品を具体例に、それぞれのシーンにどんな間仕切りカーテンが向いているのかを見ていきましょう。

①部屋の一角に落ち着く空間を作りたい

  • 昼寝をする
  • リビング学習をする
  • リモートワークをする
  • 寝室のセカンドリビングを作る

など、リビングや寝室の一角に、まわりの音・光・視線を遮って落ち着く空間を作りたいとき。

色柄は、緊張をほぐしてリラックス効果のあるものや、穏やかな気持ちで安心できるものを。特に、自然のイメージをもつブラウン系、ベージュ系、グリーン系、ブルー系がおすすめです。

眠りに良いのは優しい色合いのブルーかピンクなのだとか!壁や天井に色味をそろえると、自然になじんでシンプルなおしゃれ空間になりますよ。素材も、肌に優しい天然素材(リネン・コットンなど)でゆったりしてみてはいかがでしょうか。

機能は、真っ暗にしてぐっすり寝るなら「完全遮光」または「遮光1級」。学習などで音や視線だけを遮りたいなら、明るさをやわらかく採り入れる「採光」を選びましょう。

オーダーカーテン「LUONT」

LUONTフィンランドで「自然」という意味のオーダーカーテン「LUONT(ルオント)」。綿ライクの風合いで、おしゃれな北欧の空気をまとう最高級ファブリックシリーズです。遮光1級の分厚い生地で、断熱率は驚きの63%!まわりの音は半減します。

LUONT-colorカラーは全6種類。リラックスブルーはすっきりとしたおしゃれ空間に、マカロンピンクは華やかなおしゃれ空間になります。

オーダーカーテン

オーダーカーテン「THERMO COATING」

THERMO_COATING仕切る空間を真っ暗にしたいなら、オーダーカーテン「THERMO COATING(サーモコーティング)」。遮光1級を超える100%完全遮光の日本製生地で、裏面に5層のアクリル樹脂をコーティングしています。上記と比べて防音率もやや上がり、太陽からの紫外線は100%カット!

THERMO_COATINGカラーは全20種類。黒い糸を使う一般的な遮光カーテンにはない、美しく淡い色合いが優しいおしゃれな空間を作ります。

オーダーカーテン

断熱レースカーテン「リネンミックス」

linenmix空間を仕切り、やわらかくて優しい光が取り込める断熱レースカーテン「リネンミックス」。綿&麻ならではのしっとりとしたナチュラルな風合いが特徴です。

レースカーテン

ロールスクリーン「完全遮光タイプ」

Roll screen completely shaded空間を真っ暗に、すっきりとキレイなおしゃれ感を出すならロールスクリーン「完全遮光タイプ」。3層の樹脂コーディング加工で日中でも透ける心配がありません。

Roll_screen_completely_shaded-colorカラーは全19種類。白系は、映画や動画を楽しむためのプロジェクターのスクリーン代わりに最適です。

ロールスクリーン
「完全遮光タイプ」

②リビングと和室を仕切りたい

  • 寝っ転がる
  • 来客の寝室
  • 洗濯物を畳む
  • 赤ちゃんの昼寝
  • 赤ちゃんの遊び場
  • 赤ちゃんのオムツ交換
  • 買い物したものを一時的に置く

など、リビング続きの和室を間仕切りカーテンで仕切りたいとき。「ふすまや障子が洋風のリビングに似合わない」と、悩む人も多いのではないでしょうか。

色柄は、リビング側も和室側も家族みんながゆっくりくつろげるものを。和室でくつろげるように、圧迫感のないホワイト・ベージュ系や淡いブルーなどの寒色系がおすすめです。無地ではなく、植物などの和柄があるとおしゃれですよ!

素材は、天然素材のやさしい風合いが和との相性抜群。機能は、来客などのプライバシーを守るなら「完全遮光」または「遮光1級」。明るく、気持ち良く過ごすなら「採光」を選びましょう。

オーダープリーツスクリーン「ツインスタイル(レース×遮光プレーン)」

Pleated screenハニカム構造の空気層が夏も冬も部屋を快適に!遮光生地とレース生地のツインスタイルなので、使い方の幅が広がります。カラーは全3種類。ドライバー1本で取付可能です。

オーダープリーツスクリーン
「ツインスタイル(レース×遮光プレーン)」

ロールスクリーン「コットンタイプ」

Roll screen cottonフィンランド出身のデザイナー「SANNA LEHTI」と日本人カラーセラピスト「Minowa Eriko」とリホームで作り上げたオリジナル北欧デザインのロールスクリーン。綿100%で、差し込む光が生地を通してふんわり明るくなります。

Roll screen cotton色柄は全32種類。植物など、和室との相性が良いものを選ぶとおしゃれですよ。

ロールスクリーン
「コットンタイプ」

オーダーカーテン「DESIGN COTTON」

DESIGN COTTON綿100%の生地で自然素材のふんわり優しいファブリックシリーズ。やわらかくて明るく差し込む光がおしゃれな空間を作ります。

DESIGN COTTON色柄は全10種類。フィンランドデザイナーが手がけたオリジナルもので、和室にも合う北欧デザインが空間のアクセントにぴったりです。

オーダーカーテン

③階段やクローゼットを隠したい

  • 冷暖房の効きを良くする
  • ごちゃごちゃと見えるクローゼットを隠す

など、冷暖房の効率アップや空間の雰囲気を良くするための目隠し効果を狙いたいとき。特に、冷気や暖気は1階から階段をつたって2階に逃げたり、クローゼットの奥まで行ってしまったりするともったいなく感じますよね。

色柄は、好みのおしゃれなデザインでOK!リビング続きならインテリアスタイルに合わせて。廊下やキッチンに近い場所なら、模様のある間仕切りカーテンでおしゃれなアクセントを付け足してみてはいかがでしょうか。

人の出入りや収納の出し入れが多いなら、開け閉めがしやすいアイテムを。機能は、冷暖房効果をムダにしないように、断熱率の高いものを選びましょう。

オーダーカーテン「SHADING DESIGN」

SHADING DESIGN仕切った場所が見えにくく、優れた断熱率をもつオーダーカーテン「SHADING DESIGN」。遮光1級で断熱率は驚きの63%。フィンランドデザイナーとの強力タッグで手がけたオリジナル商品です。

SHADING DESIGN_color色柄は全35種類。北欧スタイルにはもちろん、モダンスタイルやナチュラルスタイルとも相性抜群です。

オーダーカーテン

ロールスクリーン「遮光デザインタイプ」

Shading design type空間をすっきりとまとめるなら、ロールスクリーン「遮光デザインタイプ」。高断熱で遮光1級。しっかり目隠しができ、コーヒー豆などクローゼット内にあるものを日焼けや劣化から守ります。

Roll screen shading design色柄は全31種類。上記のカーテンと同様、フィンランドデザイナーによる美しい自然が魅力のオリジナル北欧デザインです。

ロールスクリーン
「遮光デザインタイプ」

つっぱりロールスクリーン「1級遮光タイプ」

Tight roll screen階段やクローゼットには、カーテンレールの取り付けが難しいかもしれません。そんなときにとても便利なのが「つっぱりロールスクリーン」。上記のような遮光デザインタイプのほかにも、さまざまな色柄・素材・機能をご用意しています。

Tight_roll_screen_color無地の1級遮光タイプなら、目隠しや冷暖房の効率アップに大活躍!お好みの色を選んで、おしゃれな空間を作ってくださいね。

つっぱりロールスクリーン
「1級遮光タイプ」

洗面所やキッチンを仕切りたい

  • 洗濯機・収納を隠す
  • 脱衣スペースを仕切る
  • キッチンからのにおいを防ぐ

など、洗面所にあるものを隠したいときやリビング・ダイニングに充満するキッチンのにおいが気になるとき。目隠しカーテンがあれば、リビングやダイニングの冷暖房効果アップも狙えます。

色柄はおしゃれだと感じるものでOK。機能は、水や汚れがつきやすい場所なので「防水」「防炎」「ウォッシャブル」のものを使うと安心です。お手入れしやすいもので、キレイに長く使い続けたいですよね。

洗面所には、洗面台の鏡・陶器・ステレンレスやタオル・バスタオルなどいろんな素材があるのでバランスを考えながら選ぶと良いでしょう。

ローマンシェード「つっぱり小窓シェード」

Small window shade防炎機能付きで、取り付けはたったの1分!布のやわらかい風合いがありつつも、フラットなのですっきりおしゃれにまとまります。色柄は種類豊富にご用意。細かなラインがアクセントの「しもふり」ならシンプルな空間に。和紙柄・すだれ調など、和風なおしゃれが演出できる生地もあります。

ローマンシェード
「つっぱり小窓シェード」

ローマンシェード「1級遮光パリスシェード」

Roman shadeシンプルかつモダンなパリスタイルでおしゃれな空間が完成!高級感のある厚手生地で、ファブリックならではのやわらかい風合い。防炎機能と優れた断熱機能がついています。

Roman shade色柄は全30種類。ビビットカラーやパステルカラーなどさまざまな色からお好みを選んでくださいね。

ローマンシェード
「1級遮光パリスシェード」

窓まわりアイテム一覧を見る

間仕切りカーテンでおしゃれ&快適に暮らそう!

間仕切りカーテンで作るおしゃれな空間。あなたはどんなアイテムが良いと感じましたか?ポイントは、色柄はもちろん素材や機能にもこだわること!日々の暮らしが快適になり、電気代の節約もできるので大助かりです。

また、カーテン以外にも、ウッドブラインドやアルミブラインドが間仕切りアイテムとしてよく使われています。リビングでの作業用スペースとして使えば、ブラインドのスラットの向きを変えるだけでまわりが見渡せるのでとてもラク。集中したい時だけ閉じれば視線や光漏れが気になりません。

間仕切りカーテンを取り付ける場所は、サイズが合わないことが多いかもしれません。リホームのアイテムなら、1cm単位でサイズが指定できるオーダー品なのでばっちり!取り付けは簡単。高品質でリーズナブルなものばかりなので模様替えも楽しめます!

サイズの測り方などに困ったら、お気軽にご相談くださいね。

rehome
この記事を書いた人: rehome
ReHOMEサイト店長の天谷です。当店はカーテンやウッドブラインドなどの窓回り専門店からスタートしま 詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

リビングのカーテンをコットン生地にしました

Blackout curtain fashionable

遮光カーテンとおしゃれは相性抜群!おすすめ商品&コーディネートを楽しむ3つのコツ

サンプル【カーテン生地カラーサンプル】

写真が映える!インテリア撮影のポイント5選

curtains inside the blinds

ブラインドの内側にカーテンをかけてみたい!良さを生かしたコーディネート例と選ぶコ...

living-interior

リビング向けのインテリアってどれ?失敗しない選び方とおすすめ『ウッドブラインド ...

  • カーテン・ブラインド・ロールスクリーンの選び方

商品を探す

  • 大口注文・法人さま