古民家に似合うインテリアは?相性抜群の「北欧」でおしゃれな部屋を作ろう!

Old House Interior

レトロ感に触れ、心が安らぎ、ほっと落ち着ける古民家風の部屋。リビングや寝室には、その魅力をもっと味わえるようなインテリアがほしいですよね。

でも、古いものだけを置いてしまうと全体の雰囲気がやや重たくなりがち。おしゃれな部屋に仕上げるには、異国の「北欧」のテイストを合わせるのがおすすめです。

ここでは、

どんなインテリアがいい?
どんなものがあるの?

と気になるあなたへ、シンプルであたたかみのある「北欧スタイル」のインテリアをご紹介!北欧には、築100年を超えた建物がたくさん。その歴史を刻んできたインテリアは、日本の古民家との相性抜群です。

理想の古民家をイメージしながら、お気に入りのインテリアをGETしてくださいね。

古民家インテリアでおしゃれな部屋を作ろう!

Old House Interior

古民家は歴史を積み重ねてきた建築物

古民家とは、建築年数が50年以上経過している建物のこと。

一般的に古民家とは建築後50年経過した建物とされるが、
一般社団法人全国古民家再生協会での「古民家」の定義は、昭和25年の建築基準法の制定時に既に建てられていた「伝統的建造物の住宅」すなわち伝統構法とする。

※引用元:一般社団法人全国古民家再生協会(2023年11月時点)

日本瓦の屋根だったり、土間や太い梁(はり)があったり。木の香りが心地よく、広々とした間取りでまるで旅館のようにくつろげます

古くから歴史を刻んできた技術や造りがあり、どこか懐かしさが感じられ気持ちがほっこり。古民家の暮らしは、日本の伝統に触れながら趣のある毎日が過ごせます。

インテリアのレトロ感が最近のおしゃれ

レトロな家具や雑貨に囲まれながら過ごす、居心地の良い古民家。コロナの流行を機に「ゆっくりした時間を過ごしたい」「豊かな自然の中で暮らしたい」という生活スタイルを好む人が増え、人気を集めています。

柱や梁には、ヒノキ・松・ケヤキなどの天然木。塗り壁には漆喰や珪藻土などの。現代の住宅のようにコンクリートや合板などがなかった時代の古民家は、ほとんどが天然素材でできている建物です。

和のぬくもりあふれるレトロな空間に、癒しやリラックス効果を感じたい人がたくさん!実際に古民家で暮らすのは難しいかもしれません。そこで、天然素材をおしゃれに加工したインテリアを取り入れた、古民家風の部屋を作るのが最近のブームになりました。

古民家風の部屋作りは「北欧インテリア」を使うのがコツ!

FinlandDesignおしゃれな古民家風の部屋を作るときは、異国のテイストを組み合わせてレトロ感に明るさや軽さをもたらすのがコツ!特に、シンプルですっきりとしたデザインの「北欧」との相性が抜群です。

デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・アイスランドの5カ国を指す北欧は、築100年を経過した家が多く、日本の古民家以上に歴史が長いのが特徴。古民家との共通点が多いので、日本の部屋によくなじみます。

特徴は主に以下の3つ。

  • 機能的で長く愛用できるものを使っている
  • ナチュラルでエコな素材を使っている
  • シンプルで飽きのこないデザイン

1つずつ詳しく紹介しますね。

機能的で長く愛用できるものを使っている

日本よりも寒く日照時間も短い北欧は、家の中で過ごすことが多い地域。そこで、居心地が良く快適に生活できるように考えられられたのが「北欧スタイル」です。

おしゃれなデザインはもちろん、生活に対しての貢献度が高いのが特徴。毎日の暮らしに役立つ機能をそなえ、簡単には壊れないという耐久性に優れたものが北欧インテリアの基本となっています。

ナチュラルでエコな素材を使っている

環境に対する意識がとても高い北欧の人たち。インテリアを買うときは、自分へのメリットだけじゃなく自然環境に対してどんな負荷があるのかを考える余裕があります。

おしゃれなデザイン、長く愛用できる機能的なもの。それに加えて、自然のものを使ったナチュラルで環境に優しいものがよく選ばれています。

シンプルで飽きのこないデザイン

寒さの厳しい北欧では、外出が少なく長い時間を同じ場所で過ごすのが基本。これらの特徴から、頻繁に買い替えなくても良い「飽きないもの」が人気です。

無駄な装飾がなくみんなが受け入れやすいシンプルなデザインは、直線・図形・自然がモチーフのアースカラー。部屋全体にメリハリをつけるためのアクセントとして、大胆な柄物(幾何学・植物など)やカラフルな色使いのものを取り入れています。

関連記事:無垢材の「木造りの家」と北欧インテリアが合う理由

おすすめの北欧インテリア8選

Re:HOMEインテリア通販「Re:HOME(リホーム)」では、「自分でカスタマイズや施工を楽しむ」という北欧スタイルを合言葉に、日本の風土に合わせた北欧デザインのインテリアを展開しています。

商品は、色・機能・素材などのバリエーションが豊富。オプションにて楽しさや快適さがアップできるものばかり!ほとんどがリホームオリジナルの商品で、あなたにぴったりな北欧インテリアがGETできます。

ここでは、代表して8つのインテリアを紹介しますね。

光を採り入れ、部屋を明るく照らす窓。部屋の中で自然と目が行く場所に、北欧テイストのインテリアを使うと全体のおしゃれ感が高まります。

熱の出入りがもっとも多く、外からの視線も気になる場所なので、デザインはもちろん機能性にも注目しながら選びましょう!あなたの暮らしに合うものを使うことで、部屋の快適さがガラリと変わります。

オーダー遮光カーテン|北欧デザイン1級遮光

nordic design光を99.99%以上遮る1級遮光のドレープカーテン。熱や音の出入りも防ぎ、1年を通して快適な部屋を作ります。

designerシリーズの1つ「北欧デザイン1級遮光」は、リホームだけのデザイン。フィンランドで暮らすデザイナー「SANNA LEHTI」がフィンランドの素晴らしい自然を描き、JADP公認カラーセラピスト「箕輪 恵理子」が日本の部屋に合う色をのせています。

北欧デザイン1級遮光はこちら

オーダー遮光カーテン|北欧デザインコットン

Scandinavian Design Cotton1級遮光は機能性重視のポリエステル素材ですが、ナチュラル感が欲しい人のために綿素材の「北欧デザインコットン」もご用意しています。こちらは、ふんわりと柔らかい雰囲気で、太陽のまぶしい光をそっと包み込み癒しの窓辺を作ります。

北欧デザインコットンはこちら

関連記事:コットンカーテンで癒しの空間に!伸び縮みを防いで長く愛用する方法

オーダー遮光カーテン|ナチュラル

naturalオーダー遮光カーテンのナチュラルシリーズは、天然素材100%の本格的な風合いが楽しめる採光生地。光を拡散させるはたらきがあり、部屋の隅々まで光を届けます。

オーネルリネン(麻)は、肌ざわりが良く使うほどに柔らかくなり味が出る生地。古民家のヴィンテージ感と似たような特徴があります。

オーネルコットン(綿)は、吸いつくような滑らかさの柔らかい生地。優しい質感は、思わず手にとって触りたくなるほどの癒し効果が期待できます。

ナチュラルはこちら

関連記事:リネンカーテンはフラットと相性抜群!横幅の倍率で理想の窓辺に近づけよう

オーダーウッドブラインド

Order wood blinds天然木のぬくもり上質感が味わえるウッドブラインド。リホームでは木目の美しさにこだわっており、木の質感や使い込んだヴィンテージの風合いが楽しめます。

Wood's blind厚さ2.2mmのスラット(羽)には、高級家具などに使われるしっとりとしたUVコートをコーディング。耐久性に優れており、室内の湿気で反る心配はありません。自社工場にて、熟練の職人が1台ずつ丁寧に作り上げています。

オーダーウッドブラインドはこちら

FUNロール [Re:Home]|遮光デザインタイプ

FUN_rollフィンランドの北欧デザインを1級遮光の生地に取り入れたオリジナルロールスクリーン。シンプルな柄や色を日本の部屋に合わせやすいカラーリングでご用意しています。

障子のようにフラットな見た目なので、カーテンやブラインドよりもすっきりした窓辺に。オーダー遮光カーテンと同じデザインなので、2つ以上の窓がある部屋の場合は両方を取り付けて雰囲気を変えてみてください。

ネジ止め・つっぱりタイプ・カーテンレール取り付けタイプなどがあり、空間の間仕切りにもおすすめです。

遮光デザインタイプはこちら

関連記事:和室に似合うロールスクリーンの選び方と和室での活用例を紹介

床に敷くものや置くものは、素材や色を上手に組み合わせるのがコツ。ナチュラルな雰囲気の古民家では、自然のものを使った素材やブラウン・ホワイトなどの色がよく合います。差し色として、北欧テイストの柄物を入れるのがおすすめです。

無垢材テレビボード

TV standアンティーク家具にも使われている、人気の無垢材「マンゴーウッド」を使用したテレビ台。硬い木質と滑らかな感触が魅力で、使うほどに良い味が出てきます。

木工職人が手作業で作り上げており、美しい木目の風合いは1点もの。使いやすさにもこだわっており、高さや奥行きに十分なスペースがあるのでA4サイズの雑誌やAV機器などがすっきり収納できます。

無垢材テレビボードはこちら

シェルチェア デザインタイプ

shell chair優しく腰を包み込み、安心して座れるシェルチェア。リホームでは、さまざまな素材や色をご用意しており、そのうち「デザインタイプ」はシンプルながら存在感がある北欧のカラーリングです。

ビビットな赤やオレンジが差し色のレトロ感のあるパッチワーク。あたたかみのあるグレージュと、草の鮮やかな黄緑色のパッチワークイエロー。白と黒のモダンなテイストで、千鳥が飛んでいるような千鳥格子。

いずれも、古民家の和風なテイストによく似合い、部屋全体のアクセントカラーにもなります。ファブリックとウレタンを座面全体に使っており、通気性が良く耐久性に優れているのも特徴です。

デザインタイプはこちら

プフ

pfころんとした丸みに癒されるクッション「プフ」でくつろぎのひとときを。中にはビーズがぎっしりと詰まっており、しっかりと形を保ってくれるのでオットマン・スツール・サイドテーブルなどにも使えます。

プフはこちら

雑貨

古民家の部屋で使ったり飾ったりする雑貨にも、北欧テイストをプラス。例えば、おしゃれな色使いの北欧食器は気持ちが明るくなり、いつもの定番メニューを美味しくしてくれるデザインです。

アラビア スンヌンタイ プレート 21cm 【イエロー】

plateフィンランド語で「日曜日」という意味のスンヌイタイ。花々が咲き誇るようなデザインは、時代を駆け抜けたモダンさを持ち合わせています。少し素朴でレトロな風合いと、陽気でポジティブになれるイエローカラー。ユーモアとエネルギーに満ちています。

アラビア スンヌンタイ
プレート 21cm 【イエロー】はこちら

関連記事:【北欧インテリア】上手に取り入れるには?Re:HOMEで気軽にそろえてみよう♪

古民家の古さを活かす「北欧インテリア」を使おう!

古民家風のおしゃれなインテリアがほしいときは、以下のようなポイントを押さえるのがコツ!

  • 機能的で長く愛用できる
  • ナチュラルでエコな素材
  • 飽きのこないシンプルなデザイン

木を愛する文化があり、自然と調和したぬくもりを大切にしている「北欧」のインテリアをぜひ使ってみてださい。

リホームでは、窓・床・雑貨などに使えるさまざまな北欧インテリアをご用意しています。窓まわりアイテムは、1cm単位でサイズが指定できるオーダー品。自社一貫システムで直接お客様にお届けしているので、余計なコストがなく激安でご提供できます。

古民家の古さを活かすリホームの北欧インテリアで、あなただけの特別な古民家風の部屋を作ってくださいね。

リホームの商品一覧はこちら

▼お客様レビュー

お店づくりを応援!京都古民家カフェ「Roadie’s Coffee」様 購入事例
rehome
この記事を書いた人: rehome
ReHOMEサイト店長の天谷です。当店はカーテンやウッドブラインドなどの窓回り専門店からスタートしま 詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

SDGs material

SDGsの取り組みを「素材」でチャレンジ!リホームのリネン・コットンカーテンを選...

カーテンの横幅は正しく測るのが重要!自分にぴったりなカーテンをオーダーしよう!

Blackout curtain white

白い遮光カーテンは透けない&キレイな窓辺に。おすすめベスト5!

howto-eames

『シェルチェアの組立方法』部品同梱!その場であっという間に完成!

dark room

真っ暗な部屋でゆっくり寝よう!安心できるまでの5ステップ

Curtain light blue

水色のカーテンで心も身体も穏やかに!寒くならない部屋コーディネート術

  • カーテン・ブラインド・ロールスクリーンの選び方

商品を探す

  • 大口注文・法人さま