カーテンで北欧スタイルの部屋を作ろう!基本の考え方&デザイン例。

Nordic curtain  

「北欧スタイル」でまとめられた空間は、おしゃれでなんだかほっとしますよね。ソファやラグなどさまざまなインテリアに北欧デザインのものが登場し、雑誌やメディアでもよく見かけるようになりました。

窓まわりに使用するカーテンやブラインド。部屋に占める面積が大きく全体のイメージを左右するため、ここでも北欧スタイルの要素を含めると、おしゃれな北欧スタイルの部屋に一歩近づけます。

そのなかでも「カーテン」は素材・色柄が豊富にあり、あなたの好みの北欧スタイル部屋に仕上げやすいアイテム!

ここでは、

北欧カーテンでおしゃれな部屋にしたい!

どうやって選べばいいの?

と気になるあなたへ、選び方やおすすめ商品をご紹介。身近で使い慣れている「カーテン」を使って、北欧の魅力を感じてみませんか?

カーテンで北欧スタイルの部屋を作るには?

Nordic style  

北欧スタイルの特長をつかもう

北欧スタイルとは、北極に近いフィンランド・スウェーデン・ノルウェー・デンマーク・アイスランドの5か国から発祥したインテリアスタイルのこと。寒い地域に住む人々は家の中で過ごす時間が長いため、家具や内装で暮らしが充実することを楽しんでいます。

北欧スタイルの基本は、以下の3点。

  • 生活空間でリラックスできるもの
  • 機能的で長く愛用できるもの
  • 使うほどに味が出るもの

飽きのこない&ほっと落ち着けるデザインが特長で、自然と居心地の良さを重視。また、環境に対する意識がとても高く、モノを使うときは自分へのメリットだけじゃなく環境への影響も考えてインテリアを選びます。

カーテンの良さを再確認しよう

カーテンの魅力を再確認してみてください!ほかの窓まわりアイテムと比べてカーテンを使うことに納得でき、より満足した北欧スタイルの部屋が作れます。

実は、あなたが思っているよりたくさんあるかも?

  • 外の光を遮り部屋を暗くする(遮光性)
  • 直射日光・まぶしい日差しを調節する
  • 紫外線をカット&家具や肌の日焼けを防ぐ
  • 外からの視線をカット&プライバシーを守る
  • 室内から見たくない景色を隠す
  • 室内外の温度差を緩和する(断熱効果)
  • 室内外の音を吸収する(防音効果)
  • 着脱簡単&部屋の雰囲気を変えやすい(意匠性)
  • 洗濯機で丸洗いできる(ウォッシャブルタイプの場合)

など、ざっと考えるだけでもこんなにたくさんあります。カーテン本来の良さを知っておけば、後悔なく使い続けられそうですね^^

北欧カーテンの基本の考え方


どんなカーテンが北欧なの?

北欧カーテンの基本を、北欧スタイルと照らし合わせながら以下の3点でまとめてみました。

【1】素材感

Texture北欧では、ナチュラルな暮らしにぴったりの天然素材(コットン・リネン・麻など)や、お手入れしやすく長持ちしやすいもの。UVカットなど、機能的に使えるカーテンが好まれています。

日本では、「光・視線を遮る」のがカーテンの一般的な使い方。そのため、遮光性やUVカット機能に優れたものが定番です。

一方、北欧では「熱やUVカットしつつ、自然の光を採り入れる」のが一般的。遮光する発想がほとんどなく、日々の暮らしに率先して光を採りこむことが大切だと考えられています。

自然を愛し、大切にしている人が多い北欧。太陽から受ける自然の光も、生活に有効活用するのが当たり前になっているんですね。

【2】デザイン・色

Design color  「北欧ってどんな柄?」

たとえば、以下のようなデザイン・色が「北欧」だといえます。

  • シンプルな直線・ドット・幾何学模様
  • 大胆な花柄・葉っぱ柄
  • アースカラー(ベージュ・カーキ・ベージュ など)
  • ジャガード織り(天然素材×厚手)

シンプルで飽きにくそうなものや、あたたかみがありほっこりしそうなもの、植物・動物などの自然をモチーフにしたものがありますね。

当ショップ「Re:HOME(リホーム)」では、基本の北欧デザインを参考にしながら、私たち日本人の部屋に合うデザイン・色のカーテンをご用意しています。

なんと、デザインのプロの方と一緒にカスタマイズ!豊富なカラバリで、どんな部屋も理想の北欧スタイルが実現しやすいオリジナル商品です。

【3】カーテンのスタイル

よく目にする、ヒダのあるカーテンは「ジャパンスタイル」。一方で、ヒダのない「フィンランドスタイル」というカーテンが存在します。

Curtain styleこれこそ北欧の基本!フックにひっかける部分の「三つ折りヒダ」「二つ折りヒダ」を取り除き、よりシンプルで美しい柄が楽しめるスタイルです。

リホームでは、どちらのスタイルも豊富なカラバリでご用意しています。おすすめはフィンランドスタイルですが、あなたの好みのタイプを選んでもOKですよ。

北欧カーテンの選び方&コーディネート方法


どうやって選べばいいの?

デザイン・柄は豊富な種類があり、日本の部屋に合わせて機能もさまざま。あなたに合う北欧カーテンを選ぶためのポイントを紹介します。

家族がほっと落ち着ける色柄

家族みんなが集まるリビングは、アースカラーなどの落ち着く色柄を用いてリラックスできる空間に。派手なカーテンにすると、自分は気に入っていてもほかの人が疲れてしまうかもしれません。

北欧の人々は家の中で過ごす時間が長いため、自分だけじゃなく家族とのつながりも大切にします。リビングの北欧カーテンは、パソコンやスマホを見ながら家族みんなで選ぶと良いかもしれませんね。

インテリアに合わせた色柄

interiorもともと部屋に置いてあるインテリアとのバランスも考えてみましょう。

色使いが鮮やかで、大ぶりな柄が多い北欧カーテン。そのため、カーテンだけを見て選ぶと全体の調和がとれず部屋スタイルがバラバラになってしまいます。

カーテンの柄は、家具や雑貨に使っているものと同系色のものを。統一感が出て、部屋全体がまとまりやすくなります。

部屋を広く見せるサイズ・色柄

ゆったり&ゆっくりとできる空間を作るために、広々と過ごせる色柄・サイズを選びましょう。

部屋を広く見せるコツは、

  • 天井に向かって色を明るくしていく
  • 広がり効果のある色を用いる
  • 壁・床に色を加える(奥行きを出す)

などがあります。

sense of unity北欧カーテンの場合は、

  • 壁の色と近づける(一体感)
  • 天井から吊るす(正面付け)

この2点にご注目!

正面付けは、カーテンの縦のラインが強調されて天井が高く感じられるため、部屋が広く見えます。

日本では、古くから「障子=窓枠ぴったり」のカーテンが慣れ親しんでいます。一方、北欧ではカーテンを壁の一部ととらえているため、窓枠を超えた大きなカーテンが一般的。天井から吊るせば、北欧スタイルの部屋にグッと近づけそうですね。

毎日の生活に役立つ機能

日々の使用で、ストレスがかからないものを選ぶのも北欧スタイルの基本。カーテンも、用途を考えてあなたにとって使いやすく&長持ちできるものを選びましょう。

たとえば、以下のような機能があります。

  • 夏は涼しく冬は暖かく過ごしたい→高断熱
  • 部屋を真っ暗にしてぐっすり眠りたい→遮光1級
  • 家具・床・肌の日焼けを防ぎたい→UVカット
  • 外からの騒音、室内の音漏れを防ぎたい→防音
  • キッチンのコンロ・暖房器具の近くに取り付けたい→防炎
  • 清潔をキープしたい→ウォッシャブル(洗濯機で丸洗いOK)

北欧スタイルにおすすめのカーテンデザイン

Re:HOME(リホーム)は、北欧スタイルのトータルコーディネートが、厳選されたインテリアのなかから楽しめる通販ショップです。

ドレープカーテン・レースカーテンも、カラバリ豊富にご用意!そのうち、「断熱レースカーテン」にはこのような北欧デザインがあります。ご参考にどうぞ^^

Nordic stripe   【北欧ストライプ】
・縦のラインで洗練された雰囲気に
・天井を高く見せる効果アリ
Nordic   【ノルディック】
・雪や雪の結晶をモチーフにした北欧らしい柄
・ファッションに使われることが多い
Linen mix   【リネンミックス】
・天然素材(綿・麻)を使用
・あたたかみがある
▶︎詳しく見る|夜も見えにくい断熱ミラーレースカーテン選べる16柄【日本製】

Re:HOMEの「北欧カーテン」

 

リホームの北欧カーテンは、大きく分けて「北欧セレブカーテン」「北欧セレクトカーテン」の2つあります。サイズはどちらもオーダー制!1cm単位で指定できるので、取り付けたい部屋の窓にぴったり合わせられます。

では、それぞれの魅力をまとめて紹介しますね!

どの部屋にも合わせやすい豊富なカラバリ

どんなコーディネートにも対応できるよう、無地・柄どちらもカラー豊富にご用意。ブラウン・ベージュなどのアースカラーはもちろん、かわいいピンクやシックなブラックもあります。

北欧セレブカーテン

Nordic celebrity curtain  北欧セレブカーテンのカラバリは、大きく分けて以下の2つ。シンプルな無地のなかにも北欧の空気感が楽しめる遮光1級生地です。

  • Sopo(ソポ=かわいい)|シンプルかつ洗練された色合い
  • Luonto(ルオント=自然)|綿ライクな風合いで北欧の空気感をまとう

北欧セレクトカーテン

Nordic select curtain  北欧セレクトカーテンは、北欧柄がほどこされた遮光1級生地。国産織機でしか織れない高級ナチュラル生地を使用し、天然素材のような風合いが味わえます。

Cation mix  

一部では「カチオンミックス織り」を採用。キラキラと光沢のある高級な素材感が楽しめます。

多機能&優秀

優れた断熱効果と99%以上の遮光率が特長。年間を通して、約2,000円の電気代を節約することも可能です。高密度の生地で織り込まれており、北欧セレブカーテンのルオントは、断熱率が驚異の63%!夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。

また、家庭の洗濯機で丸洗いできるウォッシャブルタイプで、形状記憶加工がほどこされているためシワができる心配もありません。

そのほか、北欧セレブカーテンのフィンランドスタイルは、火がついても燃え広がりにくい防炎加工済み。

音を吸収する防音効果もあり、屋外の騒音をシャットアウトしながらぐっすり眠れます。また、室内の音漏れを防いでプライバシーを守ります。

レースとセットにできる

Set with lace  イメージした北欧スタイルを完成ために、ドレープとレースの組み合わせはみなさん結構悩みがちです。そこで、リホームではドレープ・レースをセットで買えるものもご用意!レース自体も、単純な白だけじゃなくいろいろなデザイン・色があります。

断熱レースカーテン ・遮熱・断熱・UVカットなど多機能タイプ
・全16種類から好きな柄・機能が選べる
コットンミックス・レースカーテン ・天然素材(綿)
・ドレープに合わせて4色から選べる
▶︎セットで買えるカーテン|オーダーカーテン

生地サンプルでお試しできる

「どんなさわり心地?」

「本当に光を通さないの?」

「実際に見るとどんな色なの?」

通販で購入する際は、事前に手にとって確かめておくと安心ですよね!

Re:HOMEの生地サンプルは、1つの商品につきカラーが3種類まで選べます。もちろん、無料!送料も無料です。

ぜひ、お気軽にお申し込みくださいね^^

▶︎生地サンプル一覧を見る

無地も柄もいろいろ選べる!

北欧カーテンで、部屋の雰囲気をあこがれの北欧スタイルに♪

リホームならオーダーサイズで注文!リビングの大きな掃き出し窓や廊下の腰高窓など、いろんな窓に同じデザイン・色の北欧カーテンが取り付けられます。

もっと自由で他にはないオリジナルのカーテンを使いたいなら、生地だけ買ってイチ作るという方法もOK。リホームでは、フィンランドの北欧デザインナーが手がけた「1級遮光生地【フィンランドデザイン】-カーテン用」を販売しています。

まずは、生地サンプルでお試しあれ♪

▶︎Re:HOME|カーテン一覧
rehome
この記事を書いた人: rehome
ReHOMEサイト店長の天谷です。当店はカーテンやウッドブラインドなどの窓回り専門店からスタートしま 詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

living-alone

初めての一人暮らし、どんな家具を買えばいいの?

fabric_choice

【2019年】カーテンを生地で買って自分好みのお部屋にチェンジ!購入のメリット・...

curtain-size

カーテンのサイズの測り方【カーテンレール】の長さでサイズを決めよう!

Flameproof curtain  

【防炎カーテン】で命&家を守る!価格相場・洗濯方法の見分け方&おすすめの取付場所

Curtain lace  

レースカーテンは用途を考えながら選んで失敗しらずに!多機能&多柄の「断熱レースカ...

Curtain blind

カーテンとブラインド、どっちが良いの?購入前に見ておきたいメリット・デメリット紹...

  • カーテン・ブラインド・ロールスクリーンの選び方

商品を探す

  • 大口注文・法人さま