「部屋が狭い」「光を遮りたい」「視線が気になる」を解決するには?

「1K・1Rの賃貸で部屋が狭い」

「西向き南向きで光を遮りたい」

「低階層で、外からの視線が気になる」

こんな悩みはありませんか?
これらお悩みは、窓まわりアイテムで解決してしまいましょう。

カーテンだけじゃない?あなたのお部屋にぴったりのアイテムは?

お悩み1:1K・1Rでも広く見せたい!

窓まわりはお部屋に占める面積比重が高いので、空間をスッキリ見せるアイテムにすることで、お部屋はもっと広く見せられるようになります。

おすすめ1 ウッドブラインド

狭めなお部屋を広く見せるには、窓周りとしてはウッドブラインドが最適!
カーテンと違ってウッドブラインドは、明かり(外光)の調整を上下に稼働するスラット(羽根)で行うため、窓の周囲に対する立体的な広がりが少なく、よりスッキリします

1K・1Rの賃貸物件にRe:HOMEのウッドブラインドを導入してくださっている「家と冒険」様からも
「想像をはるかに超えて素敵に仕上がりました」との声をいただいております。

LifeStyle Apartment 家と冒険

ウッドブラインドを見る

おすすめ2 ロールスクリーン

続いておススメなのはロールスクリーン」。これもお部屋がスッキリして見える窓まわりアイテムのひとつ。上部のロールによって生地が固定され、平面的なフォルムが空間を邪魔しません。

ロールスクリーンを見る

お悩み2:光を遮りたい

窓から差し込む強い日差しを遮りたいという場合は、光を通しにくい「遮光タイプ」の製品をチョイス。断熱・UVカットの効果もあり、紫外線が気になる女性にもオススメです。

おすすめ1 ロールスクリーン(完全遮光)

強い日差しも防げて、視線も遮るのロールスクリーンがおすすめです。

          >>ロールスクリーン(完全遮光)を見る<<

おすすめ2 カーテン(遮光タイプ)

遮光タイプのカーテンは、強い日差しからお部屋を守ります。生地により、断熱機能や防音機能もあります。レースとのセットで、UVカット率や断熱率をより高めることができます。

カーテン(遮光タイプ)を見る

お悩み3:外からの視線が気になる

低階層で外からの視線が気になるという方には、ウッドブラインドレースカーテンのセットがオススメです。

おすすめ1 ウッドブラインド

ブラインドは、下ろした状態のまま角度を変えることでお部屋の明るさを保ちつつ、プライバシーも守ることができます。

ウッドブラインドを見る

おすすめ2 カーテン

カーテンは、レースとのセットで外から見えにくくなります。光を調整しつつ、プライバシーも守ることができます。

>>カーテン(遮光タイプ)を見る<<

お部屋の悩みの解決方法

「部屋が狭い」「光を遮りたい」「外からの視線が気になる」などお部屋の悩みは、窓まわりアイテムの選び方で解決できます。

  1. 「1K・1Rで部屋が狭い」という方:ウッドブラインドやロールスクリーンでお部屋をスッキリ
  2. 「光を遮りたい」という方:遮光タイプのロールスクリーンやカーテン
  3. 「外からの視線が気になる」という方:ウッドブラインドやカーテン

 

しかし、色や柄がたくさんあって、どれを選んでいいか、迷ってしまうこともありますよね。

そんな方は、「色選びに風水を活用!運気もアップしちゃいましょう」なども参考になさってください。

 

 

rehome
この記事を書いた人: rehome
ReHOMEサイト店長の天谷です。当店はカーテンやウッドブラインドなどの窓回り専門店からスタートしま 詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

色選びに風水を活用!運気もアップしちゃいましょう

「お客様のわがままにこたえたい」ウッドブラインドの製造現場から

Roll screen race

ロールスクリーンの『レース生地』で光・風を自由にコントロール!おすすめ商品2選

カーテンの長さは自分で調整可能!おすすめの方法&購入前の採寸方法紹介

curtain-size

【カーテンのサイズの測り方】”カーテンレールの長さ” でサイズを決めよう!

blind-curtain

ブラインドがおすすめな理由とは?カーテンと迷っているあなた必見です!

  • カーテン・ブラインド・ロールスクリーンの選び方

商品を探す

  • 大口注文・法人さま