初めての方は必見!!!窓のサイズの測り方【ウッドブラインド編】

一気にお部屋がおしゃれになるウッドブラインド。 どんな色にしようかなと決まっていざ購入。
とここ一番不安なことといえば・・・
そうなんといっても「採寸の仕方」ですよね。 おそらくウッドブラインドを買おうとしている方のほとんどが 「どうやって採寸したらいいんだろ」とか「自分で測るのは不安」 と思っていることでしょう。
そんな悩める方のために、「日本一分かりやすい」ウッドブラインドの測り方をお教え致 します。

これだけ押さえておけば大丈夫なポイント3つ。

  1. 取り付け方を決める
  2. 実際に測ってみる
  3. 窓の大きさ、使用用途でサイズを決める

1、取り付け方を決める

まずは採寸の前にこれだけ決めましょう。
天井付け・・・窓枠内側に取り付ける 正面付け・・・窓枠を覆うように壁または木枠の正面に取り付ける
はっきりいってここは好みです。 もう直感で決めてもいいくらいでしょう。

【メリット】

天井付け【スッキリとした見た目でスマートな印象があります】

正面付け【窓を覆うように取り付けるので光漏れをより防ぐことができます】

【デメリット】

天井付け【正面付けに比べ窓枠と羽の隙間があるので完全には光を防ぐことができない(日 常において気にならない程度)】

正面付け【壁が石膏ボードなど下地が入っていないと取り付けできない】

などがあります。 それぞれのメリットデメリットを考えて、自分のお部屋にはどちらの取り付け方がいいか 決めてみましょう。

2、実際に測ってみる

取り付け方が決まったらいよいよ 実際に測ってみましょう。
用意するもの・・・メジャー、サイズによって脚立 これくらいです。
採寸間違えを防ぐために大きめの窓には2名で測るのがおすすめでしょう。

取り付け方によって採寸する場所が変わります。 採寸方法は3つあります。

【採寸方法1】天井付け・・・幅も丈も窓枠内寸のサイズを測ります。

【採寸方法2】正面付け(壁に取り付けの場合)・・・幅は窓枠外寸を測り、丈はおおよその 取り付け位置から窓枠の外寸の底辺までを測ります。

【採寸方法3】正面付け(木枠の正面に取り付ける場合)・・・幅は窓枠外寸測り、丈は窓枠 外寸上部から外寸の底辺までを測ります。

ここでよくお問い合わせいただくのが、 「天井付けの場合測ったサイズそのままのサイズで入るの?」や「正面付けはどれくらい 窓よりもサイズを大きくしていいの?」 といったお声をいただきます。
当店のオーダーフォームではまずどんな取り付け方だとしても、何も考えずに幅も丈もまず はそのままのサイズを入力してください。

天井付けの場合、幅は窓枠内寸と同じサイズでは収まりません。 ですが、そのままのサイズをご入力いただきますと自動的にそれに合うようにマイナス 2cmされるようになっております。
正面付けの場合ご入力いただいたサイズ欄の横にどれだけさらに延長するかの欄が設けて おります。
ここでお好みのサイズをご入力いただき、採寸した窓枠よりも大きめにご注文いただけれ ばと思います。 標準で幅は「2cm」丈は「4cm」入力されておりますが、あくまでも目安なので、 設置の環境によって調整ください。
ただし「正面付け(木枠の正面に取り付ける場合)」のみ窓枠と同じ幅でないとお取り付けが できませんので、 標準で入力されてる「2cm」を「0cm」に変えてください。 丈についてはお好みのサイズとなります。

3、窓の大きさ、使用用途でサイズを決める

さあ、サイズが決まったらいよいよ注文ですが、その前に、 ブラインドって思っている以上に重量があり、昇降の際に負荷がかかりやすい商品となり ます。
一般的に2平米を超える場合は分割(一つの窓に複数台取り付けること)を推奨しておりま す。

ただし下記の場合は2平米を超える場合でも一台でお取り付けも良いでしょう。

・ブラインドを上げ下げせず、スラット(羽)の調整だけをして光を取り込む場合 ・昇降の負荷がかからないループタイプの場合

・軽量素材の桐タイプの場合

上記に当てはまらない場合はやはり分割をしていただく方が良いと思います。
当店のオーダーフォームではサイズをご入力後に「分割する」という項目がございますの で、 ぜひご活用ください。

以上3つのポイントを解説してきましたが、 それでもやっぱり不安という方は是非、ご購入前にお問い合わせください。
お問い合わせの際には取り付け用とする窓のサイズと窓全体の写真をお送りいただきます と より的確にお答えさせていただくことができます。

オンラインでのご相談はコチラ

メールからのお問い合わせはコチラ(ページ下部)

rehome
この記事を書いた人: rehome
ReHOMEサイト店長の天谷です。当店はカーテンやウッドブラインドなどの窓回り専門店からスタートしま 詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Scandinavian style room

北欧風の部屋にチャレンジ!完成させるコツとステキな過ごし方

顔が見えないからこそ、より一層お客様に寄り添う意識が大切。

curtain return

カーテンのリターン仕様で過ごしやすさがガラッと変わる!6つの効果と簡単なやり方

カーテンが短い時の対処法!おしゃれなオーダーカーテンも紹介

SwitchBot curtain

SwitchBotカーテンはこんなシーンに大活躍!見た目のおしゃれ感も大切に!

リホーム発行のマガジンご紹介【とすむ】Vol.1 -火と住む家-

  • カーテン・ブラインド・ロールスクリーンの選び方

商品を探す

  • 大口注文・法人さま