おしゃれなテレビ台の選び方!北欧インテリアの本場で感じた「白色&低め」の魅力とは

how-to-choose-tvstand

家族や友だちが集まるリビングで、楽しくくつろぐための「テレビ」。最近では、インターネットを接続するなどテレビとの付き合い方がずいぶん変わってきましたよね。

昔は奥行きのあるブラウン管が主流でしたが、デジタル放送に切り替わった現在は薄型テレビがほとんど。そのため、テレビ台も形・高さ・色・収納力などさまざまなデザインが登場しています。

選び方を失敗すると、空間のイメージが崩れたり目の疲労・肩こりの原因になったり。あなたのリビングにぴったりなテレビ台を見つけるのは、大切だけど大変ですよね。

そこで、

どんなものを選べばいい?

北欧インテリアにはどれがおすすめ?

と気になるあなたへ、今の時代に合わせたテレビ台の選び方をご紹介。おしゃれで便利なテレビ台を置いて、さらにくつろぎやすいリビングに仕上げましょう!

テレビ台は「高さ」に注目

テレビ台を選ぶときに1番重要なポイントは「生活スタイルに合った高さを選ぶこと」です。

テレビを見る環境は、生活スタイルによって人それぞれ違いますよね。ダイニングチェアから、ソファーでくつろぎながら、ラグ・ベッドでゴロゴロしながら・・・。みなさん、自由な姿勢で見ているはずです。

そこで注目したいのが、テレビを見ているときの「目線の高さ」!テレビ台の高さも、それに合わせて選ぶとテレビ画面が見やすくなります。

それぞれの目線の平均的な高さは以下のとおり。1番低いところから高いところまで、約60cmも差があることがわかります。

ダイニングチェアから 約110〜120cm
ソファから 約90〜100cm
ラグから 約70〜80cm
ベッドから 約60〜70cm

ちなみに、みなさんはどんな姿勢でテレビを見ますか?当ショップ独自でアンケートをとってみたところ、ソファやラグの上のクッションに座って見る方が多いようでした。

とすると、目線の高さは約80〜100cmくらいが平均的!この高さに合うテレビ台を選ぶのがベストだといえます。

北欧フィンランドでは白色のテレビ台がおしゃれ

北欧インテリアの本場、フィンランドへ行ってきました。どのようなテレビ台が選ばられているのか実際に見てみたかったため、今回はホテルを使わずにAirbnb(海外の民泊サービス)を利用!計4泊してきました。

結論からいうと、どの部屋のテレビ台も白で統一!

最近の流行り?と思い、テレビ台が白い理由を現地の人に聞いてみたところ、そこにはフィンランド人の文化がありました。

フィンランドでは、自分のお気に入りの家具を中心に部屋をコーディネートする文化が根付いています。なかでも、ソファが人気なのだとか。「収納家具などはIKEAで買って、ソファだけは有名デザイナーのものを買う」と、その方は言っていました。IKEAでも十分おしゃれだと思うんですが・・・^^;

  • ソファを中心にコーディネートするから、そのほかはなるべく目立たせたくない

なので、テレビ台の色を壁の色を合わせて、できるだけ存在感をなくすんだそうです。そういえば!そのほかの大型家具や扉も白で統一されていました。

徹底的に白色でコーディネートされた空間に、お気に入りのデザイナーズソファがある空間。北欧インテリアがシンプルでありながら、おしゃれに見えるのも納得です。

低いテレビ台は部屋を広く見せる&おしゃれ

フィンランドのテレビ台にはもう1つの共通点がありました。それは、どれも高さがひざ下くらいだということ。そうです!「目線の高さに合わせてテレビ台の高さを決める」というベストな選び方をフィンランドではしっかり取り入れていました!

おしゃれな北欧フィンランドでは低めが主流

おしゃれな北欧インテリアの本場、フィンランド。お気に入りの家具だというくらいソファが生活に密着した存在となっています。家族で座ってのんびりしたり、友だちを家に招待してコーヒーを飲みながらソファで談笑したり(ちなみにフィンランドはコーヒー消費量が世界一なんですよ〜)。

ソファでくつろぐ時間が長いので、テレビやテレビ台は見やすいように低めに置かれているようです。さらに、奥行きももたせてお気に入りのインテリア雑貨などを並べるのがフィンランドでは主流でした。

日本では目線を低くして部屋を広く見せるのが定番

日本では、目線を低めにして空間を広く見せようとするコーディネートが定番です。ソファが置けないほど狭い部屋では、ラグの上に直接座ったりクッションやビーズクッションを置いて座ったり。とすると、日本でも低いテレビ台を選ぶのがベストだといえるでしょう。

ただ、フィンランドのような奥行きのあるテレビ台をそのまま日本の部屋に置くと、居場所がなくなっちゃうかもです。低くて奥行きの短いテレビ台を選べば、あなたの部屋の大きさにもぴったり合うのではないでしょうか^^

定番のおしゃれテレビ台はコレ!


北欧インテリアにもぴったり合うおしゃれなテレビ台は、「スリムテレビ台」!インテリア用品の通販店「Re:HOME(リホーム)」が自信をもってお届けできるアイテムです。

高さは約40cm(標準仕様)

size

高さは、テレビを乗せる台と脚を合わせて約40cm。ハニカム構造で耐久性に優れており、最大80kgまで乗せることが可能です。大型の65インチのテレビでも重量は30kgほど(BRAVIA KJ-65A8F)なので、そのほかオーディオやインテリア雑貨なども飾れます。

また、高さ約12cmのオプションBOXを使って目線を高くすることも可能!ダイニングチェアや座面が高めのソファからテレビを見ることが多い人も、安心して使えます。

奥行き30cmのスリムボディ

depth

奥行きはたったの30cm。テレビが余裕で置けながら、限られた空間を有効活用できます。収納部分の配置を変えて、自由なコーディネートが楽しめるのも魅力的!オプションの引き出しや脚も使えば、さらにアレンジ幅が広がります。まさしく薄型テレビのためのテレビ台^^

 選べる7カラー

Color

カラーは全7種類です。

  • ホワイトオーク
  • オーク
  • バニラ
  • キャラメルブラウン
  • ヴィンテージブラウン
  • ショコラブラウン
  • ナチュラル

人気No.1はホワイトオーク、北欧インテリアを楽しみたいならオークがおすすめ。カジュアルやヴィンテージなど、北欧以外のテイストにも合わせられます。

表面はキズや汚れに強い「強化メラミン素材」で、水拭きもOK!木製品のプロが厳選した美しい木目を長く味わってください。

おしゃれなテレビ台をリホームでGET!

いかがでしたでしょうか。北欧インテリアにぴったりなテレビ台はイメージできましたか?

テレビ台の仕様をまとめると、

  • テレビ台は低い方がいい
  • 色は白系で壁の色に合わせる方がいい
  • 奥行きは短い方が圧迫感がなくていい

です。

リホームのテレビ台は、頑丈・スリム・アレンジ豊富!完成品が届くので、付属の六角レンチでちょっとだけ組み立てるだけですぐに使えます。「低ホルムアルデヒド品」なので、赤ちゃんやアレルギー体質の方でも安心。

▼こちらから、ぜひチェックしてみてくださいね^^

rehome
この記事を書いた人: rehome
ReHOMEサイト店長の天谷です。当店はカーテンやウッドブラインドなどの窓回り専門店からスタートしま 詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

blind-aluminum-wooden

アルミブラインド・木製(ウッドブラインド)を徹底比較!あなたが好きなのはどちら?

howto-order

【ウッドブラインド】注文方法・選ぶポイントを紹介します!

choose-rug-5step

おしゃれ部屋をつくるラグの選び方 『5ステップ』

Washable rug

『洗えるラグ』で清潔&心にゆとり♪北欧スタイルにおすすめのおしゃれラグ紹介

howto-kitchenwagon

【キッチンワゴンの組立方法】6ステップでラクラク&スピード完成!

Rug Nordic

北欧スタイルに似合うラグが欲しい!選び方のコツ2つ&おすすめ商品を4つ紹介します...

  • カーテン・ブラインド・ロールスクリーンの選び方

商品を探す

  • 大口注文・法人さま