【キッチンワゴンの組立方法】6ステップでラクラク&スピード完成!

howto-kitchenwagon

収納・作業の心づよい主婦の味方「キッチンワゴン」。キッチンでの過ごし方をもっと快適にしてくれるアイテムです。

作業台&キャスター付きなら、ダイニングやリビングでも大活躍。まとめて移動できるので、コーヒースタンドや日用品、赤ちゃんのお世話グッズ置き場にも使えます。

キッチンワゴンは、使いはじめる前に「組み立て」が必要。でも、準備するもの完成までにかかる時間って気になりますよね。

ここでは、当ショップ(Re:HOME)のキッチンワゴンの組み立て方法をご紹介!ラクラク&スピーディーさが魅力です。

準備不要!キッチンワゴンの組み立ては簡単

当ショップのキッチンワゴンは、組み立てに必要な部品や工具を同梱して発送しています。ボルトを締めるときのレンチもちゃんと付属しているので、お客さまが工具を準備する必要はありません^^

組み立てはとても簡単!スタッフがやってみたところ、なんと15分ほどでできちゃいました。「忙しくて時間がない」「組み立てなんてやったことない」という人にもおすすめしたい商品です。

まずは同梱部品を確認

当ショップのキッチンワゴンには、下記の部材がまとめて入っています。必要なものがすべてそろっているか、念のためご確認をお願いします!

 部材名  数量
 バスケットワゴン 3
 プレート 6
 左右フレーム 4
 下フレーム 4
 キャスター(ストッパー付き) 2
 キャスター 2
 六角レンチ 1
 レンチ 1
 六角ボルト 6
 六角キャップ 6
 十字ボルト 10

すべて確認できたら、さっそく組み立てていきましょう!

組み立てスタート!~かんたん6ステップ~

組み立てはステップ6まで。同じことのくり返しが多いので、1度コツをつかむとあっという間に完成します。上手に組み立てるコツと一緒に紹介していきますね。

STEP1.左右のフレームを組み立てます。

kitchenwagon.1

キッチンワゴンのサイド、バスケットをささえるフレームです。各しめ付け箇所を仮止めにしておき、すべて組み立ててからそれぞれしっかりしめ直すとスムーズ!

STEP2.下のフレームを組み立てます。

kitchenwagon.2

Step1の左右フレームと下フレームをつなぎます。ここでも、各しめ付け箇所は仮止め程度にしめておくとスムーズに組み立てられますよ。

STEP3.下段のバスケットを取り付けます。

kitchenwagon.3

フレームを平らなところに置き、上からバスケットをはめます。スピードはゆっくり!左右フレーム1番下のボルト穴まで下ろしたら、外側から六角ボルト・内側から六角キャップを取り付けます。仕上げに、キャップを六角レンチでしめましょう。

STEP4.上段のバスケットを取り付けます。

kitchenwagon.4

下段バスケットと同じように、上段のバスケットも六角レンチで固定します。このとき、中段バスケットをかさねておきましょう!テーブルなど、平らなところにキッチンワゴンを倒して置くと作業がしやすくなります。

STEP5.中段のバスケットを取り付けます。

kitchenwagon.5

中段バスケットは、お好みの高さで固定できます。固定方法は上下段と同様です。あらかじめ置きたい物を決めておくのも良いですし、のちほど高さを調整することも可能です。

STEP6.キャスターを取り付ける

kitchenwagon.6

キッチンワゴンが簡単に動かせるよう、キャスターを取り付けましょう。

下フレームの底に、ネジを入れる穴が4つあいています。キャスターのつけ根を持ってくるくると回しながら、下フレームの穴に差し込んでいきましょう。1番さいごに、キャスターのボルト部分の六角ナットを、六角レンチで締め直して完成!

ストッパー付きと付いていないものが2つずつありますが、取り付け位置は決まっていません。お好みの位置で固定してくださいね。

自分でアレンジ♪Re:HOMEの「キッチンワゴン」

kitchenwagon

本記事で紹介したリホームのキッチンワゴン。あなたの好きなように高さが決められ、サビ・重さにも強い「長く愛用できる」商品です。全8色から好みのカラーを選んで、キッチンまわりの空間をおしゃれに。作業用・棚用のステキな天板もありますよ。

便利に使える!

Convenient

当ショップのキッチンワゴンは、

  • 通気性の良いメッシュ仕様
  • 中央棚の高さ調節可能
  • キャスター付きでラクラク移動

を実現した、とても使い勝手の良い商品です。

各バスケットに入れたものが、上から見やすいメッシュ仕様。通気性が良いので、ほこりがたまりにくくお手入れ簡単&食品や植物も置けます。中段バスケットの高さは1mm単位で調節可能!ムダのない収納じょうずになれます。

ラクに移動できるキャスターも、高さを1cmほど調節できます。床が凸凹で安定しないところでも、ガタつくことなく置けますよ。

安心して使える!

Relief

当ショップのキッチンワゴンは、

  • パイプ2本で安定力ばつぐん
  • 粉末塗装でサビに強い
  • 耐荷重60kgで頑丈設計

を実現した、安全性の高い商品です。

補強パーツと2本のフレームで、明らかな&圧倒的な安定感。収納も移動もグラつきしらずです。材質は、キッチンや水まわりにうれしい粉末塗装仕上げ。収納の重さは60kgまでOK。サビにくい&壊れにくい、安全な品質にこだわりました。

【当店限定】お好みで追加しちゃおう

当ショップのキッチンワゴンは、オプションで天板・フック(3本)が追加できます。

天板

Top board

木製(2色)とアイアン製(8色)の全10パターンから、お好みのものをチョイス。ちょうど良いテーブルができるので、キッチンワゴンの使用幅が広がります。

フック

hook

あると便利なJ字型フックをお得な3本セットで。キッチンワゴンと同じカラーで統一感が出せます。袋やカバンなどをかければ、さらに収納スペースが増えますよ。

15分で完成!キッチンだけじゃもったいない

組み立てが簡単、丈夫で長持ちしやすくおしゃれなカラーも多い当ショップのキッチンワゴン。完成までの目安時間は約15分。利便性・安全性が高いので、キッチンに置くだけじゃもったいない!と感じてしまいます。

ステキなキッチンワゴンで空間を快適&おしゃれにグレードアップ。ダイニングでメインディッシュを取り分けたりリビングで植物を育てたり。8種類のカラーから部屋のイメージと合わせたものを選んで、いろんなシーンに役立ててください^^

商品ページはこちらから
https://www.rehome-japan.com/products/detail/154

rehome
この記事を書いた人: rehome
ReHOMEサイト店長の天谷です。当店はカーテンやウッドブラインドなどの窓回り専門店からスタートしま 詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Bay window blinds

出窓をおしゃれに飾るコツは「ウッドブラインド」にあり!使い方&コーディネート実例...

curtain-size

カーテンのサイズの測り方【カーテンレール】の長さでサイズを決めよう!

座り心地がいいクッションタイプのイームズチェアでお部屋をおしゃれに

woodblind-3point

買う前に知っておこう!ウッドブラインド選び『3つ秘訣』

venetian-blind

ブラインドの意味と歴史を知ろう!ウッドブラインドがべネチアンブラインドといわれる...

ウッドブラインドの取り付け方法~採寸から取り付けまで

  • カーテン・ブラインド・ロールスクリーンの選び方

商品を探す

  • 大口注文・法人さま