ウッドブラインドの取り付け方法~採寸から取り付けまで

お部屋にあると、木目のぬくもりでほっとするウッドブラインド。

おしゃれなインテリアにもなるうれしい窓回り商品ですが、

「ウッドブラインドの取り付けって、素人にもできるの?」

「女性でも取り付けられる?」

ウッドブラインドっていいなぁ、部屋に取り付けたいなぁと思っていても、そんな不安もありますよね。

そんな方も、こちらにご紹介する手順を踏んでいただければ、簡単にウッドブラインドの取付ができます!女性でも、幅が91㎝以内のものであれば取付はしやすくなっています。自分で取り付けられたときの達成感はひとしお!

また、いざ取り付けようと思っても、採寸を間違えてしまったら、取り付けられません。今回は、そんな失敗がないよう、取り付ける前から重要な「正しい採寸方法」についてもご紹介しました。

 

取付方法を2パターンから選ぶ

ウッドブラインド取付の手順は、

  • 取付方法の決定
  • 購入前に、窓を採寸
  • 購入後、実際に取り付ける

です。

 

ウッドブラインドの取付構造は、非常にシンプル。ブラケットと呼ばれる取付金具を両端にドライバーでしっかり壁や窓枠に固定すれば、あとはウッドブラインドの本体を両端のブラケットにしっかりとはめ込むだけなのです!

 

取付方法については、こちらにも詳しく掲載しています。

今回は、購入前に必要な取付方法の決定、採寸についても詳しく紹介しています。この記事を読んだら、「買ってしまったけどサイズが合わない」という失敗を避けることができると思いますので、ぜひ参考にしてください!

 

まずは取り付け方を決めましょう。取付方法は、窓枠内に収まる「天井付け」か、窓枠の上に取り付ける「正面付け」のどちらかです。

天井付け

窓枠内に収めます。

 

正面付け

窓枠の外側に取り付けます。窓の木枠に取り付ける場合と、窓枠の上の壁に取り付ける場合の2種類があります。

 

決め方は、基本的には好みでOKです。しかし、場合によっては天井付けNGの窓や、正面付けNGの窓があります。次にご紹介するメリット・デメリットと、NGポイントを見て、どちらにするか注意して決めてください。

天井付けのメリット・デメリット

天井付けのメリットは、窓枠内にスポッと収まってすっきりしますが、デメリットとして光漏れが気になるという方もいます。

 

天井付けこれはNG

窓枠が金属素材奥行きが5㎝以下ですと、天井付けができません。

金属素材の場合は、ドライバーが打ち込めないので取付できないのです。

 

正面付けのメリット・デメリット

正面付けのメリットは、窓枠全部を覆うことができるので光漏れが少なくなります。デメリットは、取り付ける場所となる窓枠の壁や窓枠自体の下地がしっかりしていないと取付できません。

また、窓枠周辺にエアコンや家具などがあると、障害物となる可能性もありますので注意が必要です。

正面付けこれはNG

壁が石膏ボードの場合は、取り付けられません。正面付けの場合は、設置した面の壁で数キロの重さのあるウッドブラインドを支えます。そのため壁がしっかりとした木材でなければ、外れてしまいます。壁の下地がどんな材質なのか、事前にチェックしてくださいね。

壁の下地について知る方法は、こちらでご紹介しております。

窓まわりを採寸

天井付け、もしくは正面付けのどちらかに決めたら今度は採寸です。測るべき場所は、奥行き、幅、高さです。

天井付けの場合

まず、窓枠の内側の奥行きを測ります。もし、奥行きが5㎝以下の場合は、天井付けできなくなりますので、ご注意ください。

サイズはきっちりと測り、左右の端と真ん中の3点をとってください。

続いて幅です。

そして高さ。

高さを測るときは、一人では難しいので誰かと協力して測りましょう。

 

正面付けの場合

正面付けの採寸は、窓の木枠に取り付ける場合と窓枠の上に取り付ける場合の2種類があります。

木枠に取り付ける場合、幅と高さが必要です。幅の採寸には窓枠の厚みも入ってきます。

窓枠上の壁に取り付ける場合は、窓枠も含めた全体の幅、高さを測ってください。

 

採寸はこれでOK!測った寸法で、あなたのお部屋に合うものを選んでみてください。

オーダーウッドブラインドの商品ページはこちら

 

取り付ける前に確認しよう!

ウッドブラインドが届いたら、実際に取り付ける前に、取付のために準備するものと同梱品を確認してください。

 

準備するもの

ウッドブラインドを取り付けるために準備するものは以下の通りです。

メジャー、ペン、プラスのドライバー(もしくは電動のインパクトドライバー)、作業用の台(スツール)

これだけあればウッドブラインドの取付ができます。

 

作業台としてスツールがあると便利です。

Re:HOMEのスツールはこちら

 

同梱部品

ウッドブラインドを購入して届いたときについている同梱部品をご確認ください。

35mmスラットの場合はこちら。

手前左から、センターサイドブラケット(幅91㎝以上の製品のみ必要)ブラケット2点。奥左からバランス取付用マジックテープ、コードフック、バランス取付用金具、取り付け用木ネジ。

 

50mmスラットの場合はこちら。

手前左から、センターサイドブラケット(幅91㎝以上の製品のみ必要)、ブラケット2点。奥左からバランス取付用マジックテープ、バランス取付用金具、コードフック、取り付け用木ネジ。

 

このブラケットは、ウッドブラインドを取り付けるための重要な金具です。こちらを壁や窓枠にドライバーでしっかりと取り付けることが、ウッドブラインド取付の重要なポイントとなってきます。

ウッドブラインドを取り付ける方法

さぁいよいよウッドブラインドの取付ですね。最も重要なポイントは、取付金具をドライバーでしっかり固定することです!順を追って解説していきます。

 

【天井付け】窓枠内側に取り付ける方法

取付金具を固定する

ウッドブラインドを支える取付金具「ブラケット」を、窓枠手前の面に固定します。窓枠の木部に、プラスドライバーで付属の木ネジで止めましょう。

ドライバーを入れるときは、このようにブラケットの下の穴に通してください。

しっかりと奥までねじ込んでください。ネジが入りにくいときは、あらかじめキリなどで下地に穴を開けておいてもいいかもしれません。

反対側も同じように固定します。

これでぴったり取付金具の固定ができました。これで作業の要をクリアしました。あとは、本体を差し込むだけです♪

 

本体の取付

ウッドブラインド本体を差し込む。

本体の取付をします。先ほど取り付けたブラケットにウッドブラインド本体を入れます。ブラインド全体を持ち、水平に差し込んでください。写真の幅は約80㎝なので、一人で持てますが、大きくなると一人では持てなくなるので、二人で持ってくださいね。

ウッドブラインドを固定する

奥まで差し込んだら、ブラケットのフタをパチンと閉じましょう。

すべてのフタがきちんと閉まっているか、確認してください。

最後にバランス(レール部分を隠す装飾部分)を取り付けます。本体を手前に寄せながら、本体のメカ部分に金具をひっかけ、一瞬でパチンとはめます。

取付完了

全体を見てみて、歪みはありませんか?歪みがなければ、取付完了となります。

 

【正面付け】窓枠の外側に取り付ける方法

窓枠の外側に取り付ける「正面付け」についてご紹介します。

 

取付金具を固定

ブラインドを取り付ける「ブラケット」の位置を決める

ブラケットの位置をどこにするのか、窓枠のサイズを測って決めます。

まず、窓の中心を割り出します。メジャーで枠の幅を測って計算し、中心側にメジャーのゼロを合わせます。あとで中心がわかるように、ペンなどで印をつけておくのがポイント。

ウッドブラインドの幅が60㎝ならば、ブラケットを含めた総幅は61㎝となります。中心から、30.5㎝の位置にペンなどで印をつけます。同じように反対側にも印をつけます。

取付金具を固定する

 

プラスドライバーで、付属の木ネジを止めます。ウッドブラインドが落ちないようにするため、しっかりと奥までねじ込みましょう。

 

両端のブラケットを固定出来たら、作業の要をクリア!あとは、本体を差し込み、パチンするだけです♪

本体の取付

ウッドブラインドを固定する

反対側も止めたら、「天井付け」と同じように本体を差し込んで、ブラケットのフタをパチンと閉じます。

 

こちらも全体のバランスがゆがんでいないかどうか確認してみてください。

 

 

最後にバランス(レール部分を隠す装飾部分)を取り付けます。本体を手前に寄せながら、本体のメカ部分に金具をひっかけ、一瞬でパチンとはめます。

 

Re:HOMEのウッドブラインドはこちら

 

 

これで安心&簡単!女性もできるウッドブラインドの取付

ウッドブラインドの取付は、

  • 取付方法を「天井付け」か「正面付け」か、どちらなのかを決める
  • 取り付け方にもとづいて、奥行き、幅、高さなど採寸を測る
  • 取付金具「ブラケット」をプラスドライバーで取り付ける。本体を差し込み、ブラケットのフタを閉じて歪みがないか確認

以上です。

 

幅80㎝以内であれば、女性一人でも取り付けることは可能です。幅が大きくなると、重たくもなるので、協力して取り付けてくださいね。

 

自分で取り付けられると、達成感があってうれしいですね!さらに業者に頼むよりもずっと安くできます。

ぜひ、あなたも取り付けてみてはいかがでしょうか?

 

Re:HOMEのウッドブラインドはこちら

 

 

rehome
この記事を書いた人: rehome
ReHOMEサイト店長の天谷です。当店はカーテンやウッドブラインドなどの窓回り専門店からスタートしま 詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

blind-cleaning

ブラインドのお掃除を簡単に!手軽な掃除方法から便利グッズまで。汚れが目立たない裏...

ウッドブラインドの気になる疑問を解決!質問集をリホームが答えます!

Small window blind  

小窓のおしゃれは『ウッドブラインド 』で決まり♪ぴったりサイズのオーダー商品がお...

fashionable-living

ウッドブラインドで作るおしゃれなリビング暮らし。インテリア実例から部屋スタイルを...

友達に自慢したくなるオシャレな北欧カーテンの選び方

mattresspoint

365日使いたい!マットレスの種類&あなたに合う選び方〜メリット・デメリット〜

  • カーテン・ブラインド・ロールスクリーンの選び方

商品を探す

  • 大口注文・法人さま